ウィン・アウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィン・アウンWin Aungビルマ語: ဝင်းအောင်、1944年2月28日 - 2009年11月4日)は、ミャンマー軍人政治家タニンダーリ管区ダウェー郡出身。

ヤンゴン大学理学部卒業後、軍に入隊し情報将校を務めた。その後はドイツ大使やイギリス大使を経たのち1998年11月よりタン・シュエ首相の元で外務大臣に任ぜられた。その後の2004年9月に解職され、10月18日にはキン・ニュンらとともに裁判にかけられ、ウィンはヤンゴン内のインセイン刑務所に収容された。彼の罪状は国有財産不正使用罪で禁固7年の判決を受けた[1]

2009年11月4日、獄中にて脳卒中により死亡。65歳だった[1]。死亡時、刑務所に服役している唯一のミャンマー政府の元大臣であった[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ウィン・アウン氏死去 ミャンマー前外相”. 西日本新聞. (2009年11月5日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/132650 2010年1月1日閲覧。 
  2. ^ Former Foreign Minister Win Aung dead”. Mizzima News (2009年11月4日). 2010年1月1日閲覧。