ウィーン条約 (1657年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィーン条約
{{{image_alt}}}
神聖ローマ皇帝レオポルト1世
種類 同盟条約
署名 1657年5月27日
署名場所 ウィーン
署名国 神聖ローマ皇帝レオポルト1世
ヤン2世カジミェシュ
締約国 ハプスブルク家
ポーランド・リトアニア共和国

ウィーン条約(ウィーンじょうやく、英語: Treaty of Vienna)は北方戦争中の1657年5月27日に締結された、ハプスブルク家ポーランド・リトアニア共和国の同盟条約[1]。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝 フェルディナント3世は1656年のウィーン条約で反スウェーデン側で参戦することに同意し、ポーランド王ヤン2世カジミェシュに援軍4千を提供したが条約が実効を持たなかった[1]。フェルディナント3世は同年4月に死去し、後任のレオポルト1世は同盟の強化に同意した。この条約において、レオポルト1世はスウェーデン=ブランデンブルク同盟への対策としてヤン2世に援軍1万2千を提供した[1]。ポーランドの資金で賄われたこの援軍は6月にポーランド領内に入った[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Frost, Robert I (2000). The Northern Wars. War, State and Society in Northeastern Europe 1558–1721. Harlow: Longman. p. 179. ISBN 978-0-582-06429-4.