ウイニングイレブン 2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウイニングイレブン 2019
Winning Eleven 2019
Pro Evolution Soccer 2019
ジャンル スポーツ、サッカー、アクション
対応機種 国内版・国外版両方発売
PlayStation 4
国外版のみの発売
Xbox One
Microsoft Windows(Steam[注釈 1])
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 アメリカ合衆国の旗 2018年8月28日
欧州連合の旗イギリスの旗日本の旗 2018年8月30日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
Enlighten (ミドルウェア)
テンプレートを表示
ウイニングイレブン 2019 Lite
PES 2019 Lite
ジャンル スポーツ - サッカー - アクション
対応機種 国内版・国外版両方配信
PlayStation 4
国外版のみの配信
Xbox One
Microsoft Windows(Steam)
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 2018年12月13日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
Enlighten (ミドルウェア)
テンプレートを表示
ウイニングイレブン 2019
PES 2019
ジャンル スポーツ - サッカー - アクション
対応機種 iOS (iOS 9.0以降)
Android(Android OS 5.0以降)
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 2018年12月13日
エンジン UNREAL ENGINE 4
テンプレートを表示

ウイニングイレブン2019』(海外版:Pro Evolution Soccer 2019)は、コナミデジタルエンタテインメントより2018年8月発売のサッカーゲーム。ウイニングイレブンシリーズとしては今作で23作目(PS(2000も含む。)、PS2、PS3、PS4の通算。Jリーグ版、ファイナルエヴォリューション等は除く)である。日本国内ではPlayStation 4のみ発売。

パッケージにはバルセロナコウチーニョスアレスメッシブスケツラキティッチが描かれる。

ゲーム内容[編集]

Liteバージョン[編集]

2018年12月13日に配信開始。PS4版ウイイレ2019の「myclub」モード、「PES LEAGUE」モード、「CO-OP」モードをプレイできる基本無料のダウンロードゲーム。本作からは「エディット」モードが追加され、偽名チームのエンブレム・ユニフォームの修正やオリジナルユニフォームの作成が可能となる。

スマートフォン版[編集]

2018年12月13日にスマートフォン版「ウイニングイレブン2018』がアップデートされる形で配信開始。「myclub」モードをベースとしたゲームであり、本作ではモバイルゲームでのパートナー契約としてライセンスを獲得したJ1リーグJ2リーグが独自に収録されている。

新要素[編集]

  • 新スキルとしてエッジターン、ダブルタッチ、足裏コントロール、ノールックパス、インターセプト、PKキッカー、PKストッパー、高弾道パントキック、ライジングシュート、コントロールループ、ドロップシュートが追加。
  • 新プレースタイルとしてインサイドレシーバー、クロサー、プレーメイカー、インナーラップサイドバックが追加。
  • マスターリーグではメイン画面のニュースに動画が追加されたり、トレーニングや交渉に一部変更がされている。

本作でのタトゥー[編集]

前作から継続のものや新規のものがある。

myClub[編集]

  • トップエージェントに必要コインが250から100に変更。また、250コインでは3選手が獲得可能。同時にGPも1回のガチャ(コイン同様に3人獲得)が25000GPとなった。
  • 不必要な同名選手を3人選び同じレアリティの好きな選手を1人で手に入れられるトレード機能が実装。
  • 選手保有枠が1000固定となり、GPでの拡張は不可。
  • ポジションやスキルを覚えさせられるトレーナーが登場。
  • その週で特に活躍した選手や次の週でパートナークラブが行う大きな試合の中心選手を「Featured Players」としてカード化。能力が大幅に上昇し、本作での現役最高総合値であるメッシロナウドネイマールを超える総合値を持った選手も登場する。

myClubレジェンド[編集]

パトリック クライファート(データパック2.0)リュドヴィク ジュリ(データパック3.0[2])

ライセンス[編集]

コナミ発表時点のもの[6]

UEFAチャンピオンズリーグは2018年で契約満了となり、更新されないことを発表した[7]ボルシア ドルトムントは当初は収録の予定であったが、ドルトムント側の早期契約解除により収録されない事となった[8]

各国フルライセンスのリーグはカップ戦のみ偽名。

なお、2018に搭載されていたイタリア2部とスペイン2部が消滅している。

リーグライセンス[編集]

スマートフォン版のみのライセンス[編集]

2019年2月28日のデータパック4.0相当のアップデートより2019シーズンへ以降。J3降格のロアッソ熊本カマタマーレ讃岐は偽名化。

その他クラブライセンス[編集]

実名クラブのみ掲載。
P - パートナークラブ

所属リーグ国 チーム名
クロアチアの旗 クロアチア ディナモ ザグレブ
 チェコ スラヴィア プラハ
ドイツの旗 ドイツ バイヤー レヴァークーゼン
シャルケ 04P
ギリシャの旗 ギリシャ AEKアテネ
オリンピアコス ピレウス
パナシナイコス
PAOK
 ルーマニア FCSB
 スウェーデン マルメ FF
 ウクライナ ディナモ キエフ
シャフタール ドネツク
ブラジルの旗 ブラジル RBブラジウ
ペルーの旗 ペルー アリアンサ リマP
スポルティング クリスタルP
タイ王国の旗 タイ エアフォース セントラル
BG パトゥム ユナイテッド
ネイヴィ
ポリス テロ
ウボン ユナイテッド

ナショナルチーム[編集]

コナミ発表時点のもの[6]。なお、ブラジルは当初はフルライセンスの予定であったが、選手ライセンスの事情により選手名が偽名となっている(ユニフォームのみのライセンス)[12]。データパック5.0時点でフレッジカゼミーロネイマールガブリエウ ジェズスが偽名のままとなっている。
また、データパック3.0にてタイがフルライセンスとなった[2]

詳細
太字 - フルライセンス
Fict. - 選手偽名
DP~ - その弾のデータパックにてライセンス化

その他ライセンス[編集]

スタジアム[編集]

コナミ発表時点のもの[6]
ジグナル・イドゥナ・パルクはチーム同様ドルトムントとの契約解除で収録されない事となった[8]


  • 架空
    • コナミ・スタジアム
    • ノイ・ゾネ・アレナ
    • メトロポール・アレナ
    • ホーフドスタッドゥ・シュタディオン
    • エスタディオ・カンペオン
    • エスタディオ・エスコルピオ
    • エスタディオ・ヌエボ・トリウンフォ
    • スタッド・ド・サジテール
    • スタジオ・オリオン
    • ブルク・スタディオン
    • エスタディオ・デル・マルタンガル
    • ローズパーク・スタジアム
    • コロッセオ・デ・ロス・デポルス
    • スポーツ・パーク
    • ヴィレッジ・ロード
    • ナショナル・スタジアム
    • エスタディオ・タウロ
    • PESリーグ・スタジアム
  • 架空(データパック追加)
    • eFootball.Pro アレーナ[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本、中国、ベトナムからのアクセスは排除されている
  2. ^ 非パートナーのドルトムントに期限付き移籍したが、データパック3.0適用の現在でも残っている。
  3. ^ 国際試合のみ「エスタディオ・ミネイロン」名義。
  4. ^ 現存しないパルメイラスの旧スタジアム。現在はパルメイラスの現スタジアム「アリアンツ・パルケ」に建て替えられている。

出典[編集]

  1. ^ myClubレジェンドリスト”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2018年7月23日). 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f アップデート第3弾(データパック3.0)配信!”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2018年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  3. ^ Cambiasso, Recoba, Adriano e Djorkaeff ti aspettano su #PES2019!”. Twitter (2018年8月25日). 2018年8月25日閲覧。
  4. ^ As part of this deal, Legends will be coming to #PES2019 at a later date, including @piresrobert7, @SolManOfficial, @GilbertoSilva, @freddie and Emmanuel Petit.”. Twitter (2018年8月25日). 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ a b アップデート第4弾(データパック4.0)配信!”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2018年2月7日). 2018年2月10日閲覧。
  6. ^ a b c 搭載ライセンス・ 搭載スタジアム一覧”. コナミ. 2018年8月17日閲覧。
  7. ^ Konami to end partnership with UEFA”. UEFA.com (2018年4月18日). 2018年4月19日閲覧。
  8. ^ a b 搭載ライセンスに関する重要なお知らせ”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  9. ^ “注目選手”に、イタリアのパートナークラブ「ラツィオ」が選出したプレイヤーが登場。”. YouTube (2018年9月27日). 2018年9月29日閲覧。
  10. ^ @BocaJrsOficial + La Bombonera + #PES2019 = 💙💛 🎮⚽ Vení jugar con el Xeneize con exclusividad en PES.”. Twitter (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  11. ^ a b c d Data Pack 2.0 is coming to #PES2019 on 25th Oct, bringing with it the Chinese Super League, Thai League, AS Monaco's stadium, eFootball Pro Arena, over 100 player face updates and several gameplay improvements.”. Twitter (2018年10月18日). 2018年10月18日閲覧。
  12. ^ ブラジル代表ライセンスに関する重要なお知らせ”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2018年8月17日). 2018年8月17日閲覧。