ウインター争覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウインター争覇
競馬場 笠松競馬場
創設 1978年
距離 ダート1800m
格付け SPIII
賞金 1着賞金200万円
賞金総額290万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上オープン・北陸・東海・近畿・中国所属
負担重量 別定重量
テンプレートを表示

ウインター争覇(ウインターそうは)は岐阜県地方競馬組合笠松競馬場ダート1800mで施行する地方競馬重賞SPIII競走平地競走)である。2011年の第34回を限りにいったん休止したが、2018年に復活した。かつては「日刊スポーツ杯 ウインター争覇」、日刊スポーツ新聞社が優勝杯を提供していたが、2018年は「創刊70周年記念デイリースポーツ杯 ウインター争覇」として開催された[1]

概要[編集]

1978年に笠松競馬場ダート1900mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の東海(笠松・愛知)所属馬限定の準重賞競走「名古屋タイムズ杯 ウインター争覇」として創設。創設当初から2000年までは12月に開催された。

2001年度(2002年)からは施行時期を12月から2月に変更され、2008年に優勝杯の提供を名古屋タイムズ社から日刊スポーツ新聞社に変更された事により、名称を現在の「日刊スポーツ杯 ウインター争覇」に変更された。

2010年からは準重賞から重賞(SPIII)に格上げされ、それを機に北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、金沢兵庫福山所属馬の出走が可能となり、並びに施行時期を2月から1月に変更された。

2011年の第34回で休止したが、2018年にダート1800mに変更し、回次を第35回として復活。

負担重量は準重賞競走時代はハンデキャップ、重賞競走に格上げとなった2010年からは別定重量である[1]

2018年の賞金総額は290万円で、1着賞金200万円、2着賞金50万円、3着賞金22万円、4着賞金12万円、5着賞金6万円と定められている[1]

歴史[編集]

  • 1978年 - 笠松競馬場のダート1900mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の東海所属馬限定のハンデキャップの準重賞競走「名古屋タイムズ杯 ウインター争覇」として創設。
  • 2001年 - 施行条件変更準備のため、休止。
  • 2002年 - 施行時期を12月から2月に変更。
  • 2008年 - 優勝杯の提供を名古屋タイムズ社から日刊スポーツ新聞社に変更。それに伴い、名称を「名古屋タイムズ杯 ウインター争覇」から「日刊スポーツ杯 ウインター争覇」に変更。
  • 2010年
    • この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
    • SPIIIに格上げ。
    • 施行時期を2月から1月に変更。
    • 負担重量を「ハンデキャップ」から「別定重量」に変更。
    • 笠松のフサイチウィードと笠松のエーシンアクセランが3着同着。
  • 2011年 - 愛知の岡部誠が騎手として史上初の連覇。
  • 2011年 - 第34回限りで休止。
  • 2018年
    • 第35回として復活。創刊70周年デイリースポーツ杯として施行。
    • 施行時期を1月から2月に変更。
    • 距離を1800メートルに変更。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第33回 2010年1月22日 マイネルアラバンサ 牡7 愛知 2:01.5 岡部誠 荒巻透
第34回 2011年1月21日 ヒシウォーシイ 牡6 愛知 2:01.4 岡部誠 川西毅
第35回 2018年2月8日 ハタノリヴィール 牡5 笠松 1:56.9 佐藤友則 井上孝彦
第36回 2019年2月7日 メモリージルバ 牡10 愛知 1:54.6 友森翔太 塚田隆男

※重賞競走として施行された2010年以降とする。

出典[編集]

  1. ^ a b c 競走成績(第35回ウインター争覇) - 地方競馬全国協会、2018年2月10日閲覧
各回競走結果の出典