ウェイン・エンブリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェイン・エンブリー
Wayne Embry
引退
殿堂 バスケットボール殿堂(貢献者)
ポジション(現役時) センター
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 109kg (240 lb)
基本情報
本名 Wayne Richard Embry
愛称 "Goose"
"The Wall"
ラテン文字 Wayne Embry
誕生日 1937年3月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州スプリングフィールド
ドラフト 1958年 3巡目全体22位 
選手経歴

1958-1966
1966-1968
1968-1969
マイアミ大学
シンシナティ・ロイヤルズ
ボストン・セルティックス
ミルウォーキー・バックス

ウェイン・エンブリーWayne Embry, 1937年3月26日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。オハイオ州スプリングフィールド出身。選手時代は主にシンシナティ・ロイヤルズでプレイし、ボストン・セルティックス時代には優勝を経験した。引退後は各チームのフロント職を歴任し長年に渡ってNBAに貢献。これらの活動が評価され、1999年には殿堂入りを果たした。

選手キャリア[編集]

ウェイン・エンブリーことウェイン・リチャード・エンブリーはマイアミ大学時代はチームキャプテン、スコアリングリーダーとして活躍し、2度オールアメリカに選ばれた。大学では経営管理学、科学で学位を取って卒業し、1958年のNBAドラフトでセントルイス・ホークスから全体22位指名を受けてNBA入りを果たす。

エンブリーはホークスではプレイせず、シンシナティ・ロイヤルズルーキーイヤーを迎えた。ロイヤルズはエースのモーリス・ストークスが不慮の事故により突然の引退を余儀なくされ、多くの中心選手がチームを去ってしまったため、ホークスは無償で5人の選手をロイヤルズに譲渡し、その中にエンブリーが含まれていたのである。エンブリーは新エースのジャック・トゥィマンらと共に危機に瀕していたロイヤルズを支え、1年目は10.6得点9.5リバウンドを記録した。

エンブリーとロイヤルズに運気が向いてきたのは1960年のオスカー・ロバートソンの入団からである。このシーズンにエンブリーは14.4得点10.9リバウンドと初の平均ダブル・ダブルを達成し、オールスターにも選ばれた。ロバートソンはルーキーイヤーからリーグトップ選手として活躍し、チーム成績も向上し始め、このシーズンには4シーズンぶりのプレーオフに進出している。翌1961-62シーズンにはキャリアハイとなる19.8得点13.0リバウンドを記録し、1963-64シーズンにロイヤルズは当時のチーム記録となる55勝をあげるなど、エンブリーは選手キャリアの絶頂期を過ごした。しかし同じ年にジェリー・ルーカスが入団し、エンブリーがチーム内で担っていた役割は徐々にルーカスを始めとする若い選手に譲られるようになった。そして1965-66シーズンを最後に、8シーズン過ごしたロイヤルズからボストン・セルティックスに移籍することになった。

リーグトップクラスの強豪のセルティックスではエンブリーの出場機会は限られ、成績は大幅に後退したが、セルティックス2年目の1967-68シーズンには優勝を経験している。ラストシーズンはミルウォーキー・バックスで過ごし、1969年に現役から引退した。

エグゼクティブキャリア[編集]

エンブリーのNBAにおけるエグゼクティブキャリアは30年近くに渡る。1972年には現役最後のシーズンを過ごしたバックスで、黒人としてはNBA初のゼネラル・マネージャーに就任した。バックスのフロント入りする前には、1970年に元チームメイトのオスカー・ロバートソンを説得し、バックスに移籍させることに成功しており、このシーズンバックスは創部3年目というNBA最短記録で初優勝を果たした。エンブリーはバックスのGMを8年間務め、その間のバックスは59勝以上は2回、プレーオフ進出は4回、NBAファイナル進出1回だった。

1985年から1992年まではクリーブランド・キャバリアーズの球団副社長兼GMに就任し、1994年にはNBA初の黒人球団社長となった。彼の経営の下、キャバリアーズは90年代のイーストを代表する強豪チームに育ち、マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズと数々の名勝負を繰り広げた。エンブリーは1992年1998年にNBAエグゼクティブ・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。

業績[編集]