ウェス・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウェス・パーカー
Maurice Wesley Parker
1971 Ticketron Wes Parker.jpg
ロサンゼルス・ドジャース時代
(1971年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州
生年月日 (1939-11-13) 1939年11月13日(81歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1963年
初出場 MLB / 1964年4月19日
NPB / 1974年4月6日
最終出場 MLB / 1972年10月1日
NPB / 1974年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

モーリス・ウェスリー・パーカー(Maurice Wesley Parker、1939年11月13日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の元プロ野球選手内野手外野手)・解説者

来歴・人物[編集]

パーカーの父親は戦争景気に乗じて爆弾工場を興し、戦後はキッチンシンクの工場に転換して財を成した富豪で、パーカーは向かいにゲイリー・クーパーが住んでいるハリウッドの豪邸で何不自由なく育った。

ハイスクールでは左利きながらアメリカンフットボールQBとしても活躍し、クレアモント・マッケナ大学から南カリフォルニア大学へ進み、医者を志したこともあったが断念。

MLB時代

セミプロでのプレーを経て、1963年ロサンゼルス・ドジャースと契約し、1964年メジャーデビューを果たす。

当初は外野も上手かったために一塁と外野を転々としたが、1965年から一塁手のレギュラーに定着。154試合に出場してリーグ優勝に貢献し、打撃は打率.238、8本塁打に終わったものの51打点、リーグ最多の19犠打をマーク。「“Mr. Steady"[1]」というニックネームが付いたほどの堅実な守備でチームを支え、ツインズとのワールドシリーズでは打率.304を記録し、チームの世界一に大きく貢献。同年オフには医者の勧めでウェイトトレーニングに取り組んでパワーアップを図り、1966年には見事成功して打率.253、12本塁打と大幅に改善。同年6月5日の試合では左右打席本塁打を達成したが、連覇を狙うワールドシリーズではオリオールズを前に昨年ほどの活躍ができず、連覇はならなかった。これを反省してデューク・スナイダーに師事し、富豪の息子であるが故に無欲すぎることを看破され、今度はメンタルの改善に着手。小技と選球眼に優れた守備の名人として地味ながらも活躍を続け、1967年から6年連続でゴールドグラブ賞(一塁手)を獲得。長打力は相変わらず無かったが、打撃自体は徐々に向上していき、1969年には打率.278、68打点を記録。以後は打撃でも存在感を発揮し、1970年にはさらに成績を伸ばし、リーグ5位の打率.319、僅か10本塁打でありながら111打点を稼ぎ、MVP投票で5位に入る大活躍を見せ、5月7日の試合ではサイクル安打も達成。

1971年には「私がオーナーだったら選手に大金は払わない」と発言するなど、反選手会的立場が命取りになり[2]1972年には春に行われた史上初の選手会ストライキに反旗をひるがえしたため解雇[2]

NPB時代

1973年は1年だけシンシナティ・レッズ解説者として過ごしたが、同年オフに日本からオファーが届き、ドジャースに頼んでFAにしてもらって1974年南海ホークスと契約。給料の安い南海で年俸は奮発して実に8万5000ドルとなり、パーカーはこの稼ぎで家のローンを完済。日本でも自慢の守備を遺憾なく発揮し、打撃も好調で一時期は首位打者争いを展開。打率.314、14本塁打を記録し、57表中50票を獲得してダイヤモンドグラブ賞を受賞したが、長打力不足を理由に1年で解雇。

海外旅行が好きであったパーカーにとって、金を貰って海外で野球をプレーするのはおいしい話であったが、旅行と住むとでは話が違った。徐々に英語の通じない暮らしが嫌になり、オフに阪神タイガースへ金銭トレードしたが、父親の病気もあって帰国してそのまま引退[2]

遊撃手定岡智秋に「低い送球」の意識を徹底するよう助言し、定岡は強肩を存分に発揮できるようになった[3]

引退後[編集]

俳優活動に幼い頃より関心を寄せており、野球選手として現役時代の1970年にはテレビドラマ『ゆかいなブレディー家』に10秒程度出演している[4]

引退後は俳優としてのキャリアを進め、1979年にはテレビドラマ『Pleasure Cove』に出演し、トム・ジョーンズシェリー・フェブレーらと共演した[4]。また、NBC1978年 - 1979年)やUSAネットワーク1980年 - 1983年)でMLBスポーツ・アナウンサーを務めた[4]

1985年には映画『Cry from the Mountain』[4]1988年にはベルギーの映画でアカデミー賞ノミネート作品である『Le maître de musique』(英語題:『The Music Teacher』)へ出演[4]

2007年にゴールドグラブ賞制定50周年を記念して行われた「オールタイム・ローリングス・ゴールドグラブチーム」のファン投票でも一塁手部門で1位となっている[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 LAD 124 240 214 29 55 7 1 3 73 10 5 4 9 2 14 3 1 45 2 .257 .303 .341 .644
1965 154 644 542 80 129 24 7 8 191 51 13 7 19 3 75 1 5 95 6 .238 .334 .352 .687
1966 156 564 475 67 120 17 5 12 183 51 7 3 12 3 69 9 5 83 12 .253 .351 .385 .737
1967 139 496 413 56 102 16 5 5 143 31 10 5 10 1 65 10 7 83 10 .247 .358 .346 .704
1968 135 534 468 42 112 22 2 3 147 27 4 6 12 3 49 6 2 87 3 .239 .312 .314 .626
1969 132 541 471 76 131 23 4 13 201 68 4 1 6 6 56 6 2 46 10 .278 .353 .427 .780
1970 161 705 614 84 196 47 4 10 281 111 8 2 4 8 79 18 0 70 14 .319 .392 .458 .850
1971 157 609 533 69 146 24 1 6 190 62 6 1 4 8 63 5 1 63 13 .274 .347 .356 .704
1972 130 502 427 45 119 14 3 4 151 59 3 5 6 6 62 5 1 43 13 .279 .367 .354 .721
1974 南海 127 533 482 66 145 27 3 14 220 59 3 6 1 7 39 3 4 45 10 .301 .353 .456 .809
MLB:9年 1288 4835 4157 548 1110 194 32 64 1560 470 60 34 82 40 532 63 24 615 83 .267 .351 .375 .726
NPB:1年 127 533 482 66 145 27 3 14 220 59 3 6 1 7 39 3 4 45 10 .301 .353 .456 .809

表彰[編集]

MLB
NPB

記録[編集]

MLB

背番号[編集]

  • 28 (1964-1972年)
  • 6 (1974年)

脚注[編集]

関連項目[編集]