ウェルカムTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェルカムTV
ジャンル バラエティ番組
構成 たちばなひとなり
塩野智章
大塚博信
樅野太紀
ビル坂恵
演出 堤本幸男(総合演出)
出演者 ブラックマヨネーズ
小杉竜一吉田敬
NON STYLE
石田明井上裕介
山崎弘也
アンタッチャブル
益若つばさ
ほか
アナウンサー 松丸友紀
前田真理子(ナレーター担当)他
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
シリーズ数 2
製作
プロデューサー 伊藤隆行・宮川幸二
(テレビ東京)
木村泰大・生沼教行
KYORAKU吉本.ホールディングス
竹本夏絵よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作プロデューサー 金子優(テレビ東京)
沖本翔子よしもとクリエイティブ・エージェンシー
今滝陽介(BACK-UP)
早瀬志都加(極東電視台)
編集 曽根準一
製作 テレビ東京
放送
放送局 テレビ東京系列
映像形式 16:9LB
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年10月18日 - 2010年9月4日
公式サイト
スター見つけちゃいました!
ウェルカムTV
放送期間 2009年10月18日 - 2010年3月28日
放送時間 日曜 23:30 - 24:00
放送分 30分
みんなでスターを作っちゃおう!
ウェルカムTV
放送期間 2010年4月3日 - 9月4日
放送時間 土曜 22:55 - 23:20
放送分 25分
番組年表
関連番組 スター姫さがし太郎

特記事項:
KYORAKU一社提供
テンプレートを表示

ウェルカムTV』(ウェルカムテレビ)は、2009年10月18日から2010年9月4日までテレビ東京吉本興業KYORAKU吉本.ホールディングス(吉本興業とKYORAKUが共同で設立した会社)の共同制作により、テレビ東京系列(一部独立UHF局を含む)で放送されていたバラエティ番組である。ハイビジョン制作

概要[編集]

2009年秋改編で日曜23:24枠に放送されていた『neo sports』が22:54枠[1]に繰り上がったことに伴いスタートした番組。2010年3月までは『スター見つけちゃいました!ウェルカムTV』と称され、「完全脱力系スター発掘番組」という副名称が冠されていた。しかし、4月からこの枠に石川遼が出演するゴルフ番組『石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜』が投入される事により、放送時間も3月まで『テガミバチ』を放送していた時間に移動し、『みんなでスターを作っちゃおう!ウェルカムTV』と改題され、放送時間も5分短縮された。なお、テレ東の日曜23時台後半枠で若者向けバラエティ番組がレギュラー放送されたのは2019年現在本番組が最後となっている。

「みんなでスターを作っちゃおう!」に基づき、MCアイドルのブログTwitterなどを通じて視聴者の皆様と共にスターを応援・発掘していくバラエティ番組である。なお、「スター見つけちゃいました!」の時はM-1グランプリチャンピオンの芸人ナビゲーターが新しいアイドル候補を発掘するオーディション型の構成だった。

回によっては、広村美つ美松川佑依子の様にアイドル候補者の仕事に密着するコーナーが放送される場合がある。

2010年5月1日より若干のリニューアルを行い、現在のキャッチフレーズに相応しいスタイルとなった。同時に地上アナログ放送においてレターボックス放送を開始した[2]

2010年9月4日をもって終了となり、番組出身のrhythmicの密着は後番組の『スター姫さがし太郎』に継続したが、2011年9月24日に終了した。

出演者[編集]

MC[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

過去のレギュラー[編集]

MCアイドル(5月1日~)[編集]

  • 広村美つ美 - 犬ドル。
  • 松川佑依子 - 吉ドルオーディションで落選した。
  • カリフォルニア小町 - 自称○○アイドルオーディションで「組体操アイドル」として出場した。現在、世界各国の人々にパフォーマンスを披露するために写真集作りを行っている。
  • 佐藤あずさ - 自称○○アイドルオーディションで 「笛アイドル」として出場した。
  • 増田ひろ子 - ダンス&ボーカルオーディションでボーカル候補として出場したが、落選した。2010年5月22日よりUstreamで「ますだちゃんねる」を開局している。
  • rhythmic

進行[編集]

テレビ東京のアナウンサーが担当する。

第4回は進行役の出演がなく、第6回はホラドル候補生の剣持ゆきこが担当した。また、第11回は番組マスコットアニマルの募集(益若がアニマル候補を担当)を行うために、犬ドルの広村美つ美と愛犬のビリーが担当した。第13・14回も広村が担当した。

ナレーター[編集]

エピソード[編集]

  • 2009年10月18日に放送された「俺(吉田)の彼女になったらオーディション」は、候補者が1人紹介されたものの、その候補者は不合格となった。
  • 2009年11月29日12月6日に放送された「細マッチョアイドルオーディション」は、NON STYLEの石田を含めて9人の男芸人が出場したが、全員不合格となり、ユニットを結成する事ができなかった。
  • 2009年12月13日20日に放送された「自称○○アイドルオーディション」は、一芸を披露してから審査を行うことから、『イツザイ』の「インディーズ芸人オーディション」に相当した。
  • 2010年1月3日は、23時から1時間の拡大スペシャルとして、2010年注目のアイドル特集と吉ドルオーディションが放送された。吉ドルオーディションは、約1,000人の候補者の中から13人の占い師による書類審査によって4人の候補者を絞り、その4人がなぎ正明による手相占い審査を行った後、2人による最終審査を行った結果、下茜音が吉ドルに選ばれた。
  • また、同年3月28日にも1時間の拡大スペシャルが放送され、「自称○○アイドル」のブログでアクセス回数ランキング1位を獲得したカリフォルニア小町がゲスト出演し、「自称○○アイドル発表会」を開催した。ここで登場したアイドルはすべて沖縄国際映画祭に出品された。
  • 2010年1月10日17日に放送された「ホラドルオーディション」には、レギュラー出演者の益若つばさと犬ドルの広村美つ美、吉ドル落選者の松川佑依子、自称○○オーディション落選者の相沢香澄も挑戦していた。
  • 2010年1月17日は、松川佑依子がお好み焼きチェーン店「道とん堀」のキャンペーンガールとしての依頼を受けるのに合わせ、出演者の中から2組4人によるオリジナルお好み焼き対決も放送された。結果は益若・山崎ペアの勝利で、2人が作ったお好み焼きは「道とん堀」のスペシャルメニューに出される事になった。
  • 2010年3月14日は、山崎裕也・井上裕介・松川佑依子・広村美つ美が東京ガールズコレクションに出演した時の模様が放送された。同イベントで、山崎・松川ペアが美女と野獣、井上・広村ペアがナルシストをテーマにしたコラボステージが行われた。
  • 2010年6月19日から7月3日まで行われた「グリコジャイアントカプリコ PRガールズオーディション」では、奥平哲子と麻友美が合格した。この2人はPRガールズとなり、Web限定のCMに出演された。CMには増田ひろ子も出演し、オリジナル曲の「ドンマイ!!!」も流れている。なお、同オーディションに落選した今野朱莉・悠莉は後に「アイドルが芸人宅で水着に着替えたら…プロジェクト」に参加した。

ダンス&ボーカルオーディション[編集]

  • 2010年2月7日から4月24日まで実施された、番組の一大的プロジェクトだった。
  • 4人のダンサーと1人のボーカリストを選出させると共に、PaniCrewの中野智行らを審査員に迎え、約1,000組の応募者から厳しい審査を経て、下記のメンバーが合格した。
  • ダンサー:山下詩織、大門弥生、小林愛美、小谷麻梨香
  • ボーカリスト:高田由香
  • ダンサーとボーカリストの合格の合間である、4月17日と24日に「沖縄スペシャル」を企画した。
  • ユニット名などを視聴者から募集していたが、4月24日の放送の最後でユニット名が「rhythmic」に決定した。
  • 5月1日の放送で、初めて番組でのライブが公開された。なお、同月29日のライブの時には、高田由香の母である厚子がスタジオにゲスト出演した。
  • 7月10日に放送されたプレミアムライブでは、NON STYLEの石田が鮎調理ショーを、増田ひろ子がマジックショーを披露した。
  • rhythmicのCDデビュー後、7月31日から他のウェルカムアイドルのCDデビュープロジェクトが行われている。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ東京
(制作局)
テレビ東京系列 土曜 22:55 - 23:20 同時ネット
2010年3月28日まで日曜23:30 - 月曜0:00に放送
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立UHF局 同時ネット
2010年4月17日放送開始
奈良県 奈良テレビ 日曜 23:30 - 23:55 8日遅れ
2010年3月28日まで同時ネット

歴代エンディングテーマ[編集]

  • 超新星「promise」(2009年10月18日~12月27日)
  • 杉谷愛「砂時計」(2010年1月3日~3月28日)
  • 高野健一「桜ひらり」(2010年4月3日~5月29日)
  • rhythmic「キミに伝えたくて」(2010年6月5日~9月4日)

スタッフ[編集]

  • 構成:たちばなひとなり、塩野智章、大塚博信、樅野太紀、ビル坂恵
  • 技術:近藤剛史(テレビ東京)
  • カメラ:藤本茂樹
  • 映像:小峰信彦
  • 音声:久保田優
  • 照明:小林瑞雪
  • 美術:薬王寺哲朗
  • デザイン:小野清菜
  • イラスト:堀(メメ)
  • メイク:山田かつら
  • 編集:曽根隼一
  • MA:佐藤卓也
  • 音効:佐藤卓嗣
  • 編成:今井豪(テレビ東京)
  • 番宣:岡仁(テレビ東京)
  • デスク:野中優(テレビ東京)
  • 協力スタッフ:齋藤隆行、中川聡之、千賀亘人、剱持嘉一(ショウコード)、上妻正純、大山学美
  • ディレクター:田川裕也・長坂信行(BACK-UP)、馬場省吾、及川桂一(極東電視台)
  • 演出:大場剛(極東電視台)
  • 総合演出:堤本幸男(BACK-UP)
  • 制作プロデューサー:金子優(テレビ東京)、沖本翔子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、今滝陽介(BACK-UP)、早瀬志都加(極東電視台)
  • プロデューサー:伊藤隆行・宮川幸二(テレビ東京)、木村泰大・生沼教行(KYORAKU吉本.ホールディングス)、竹本夏絵(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
  • 技術協力:テクノマックス麻布プラザふなや、デジデリック、スウィッシュ・ジャパン
  • 美術協力:テレビ東京アート、東京衣裳、テレフィット、サンフォニックス、東宝舞台ナカムラ綜美
  • 協力:バックアップメディア、ヴィズミック、極東電視台、ショウコード、BEEPS
  • 制作協力:吉本興業、KYORAKU吉本.ホールディングス
  • 製作著作:テレビ東京

脚注[編集]

  1. ^ 2009年3月まで音楽番組『みゅーじん』を放送。その後はアニメ『ゴルゴ13』の再放送を行っていた。
  2. ^ これに伴い、ミニ番組以外では『出没!アド街ック天国』から4番組連続でレターボックス放送となった(2010年7月3日まで)。

関連項目[編集]

テレビ東京 日曜23:30 - 月曜0:00
前番組 番組名 次番組
neo sports
※23:24 - 翌0:00
  • 30分繰上げて継続
スター見つけちゃいました!
ウェルカムTV
  • ここから再びスポーツ番組枠
テレビ東京系 土曜22:55 - 23:20
  • ここまでアニメ枠
みんなでスターを作っちゃおう!
ウェルカムTV