ウエアハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ウエアハウス・カンパニー
Warehouse Company
略称 ウエアハウス
設立 1995年
外部リンク http://www.ware-house.co.jp/
テンプレートを表示

ウエアハウス (Warehouse) は、ウエアハウス・カンパニーが展開するアメリカンカジュアルブランドの一つ。


概要[編集]

ウエアハウスは、1995年に誕生した「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」をテーマとするブランドである。一着一着のヴィンテージ・古着を徹底的に研究し、復刻という形で様々なワークウェアを生産・販売している。デッドストックの風合いを出すために、デニム酸化剤を用いた酸化デニムを使ったジーンズが有名である[要出典]。また、「リー・ジャパン (Lee Japan) 」とのコラボレーションレーベルである「リー・アーカイブス (Lee Archives) 」や「リー・ホワイトレーベル (Lee White Label) 」では、多くの Lee 製品の復刻や生産を行っている。ウエアハウス・カンパニーでは、その他にも別レーベルでブランド展開している。

ダブルワークス[編集]

ダブルワークス (Dubbleworks) は、「気軽に着ることのできるスタンダードなアメリカン・デイリーカジュアル」をテーマに、ウエアハウス・カンパニーから誕生したブランド。ヴィンテージと同様の素材を用いながらも、シルエットは現代の流行に合わせた衣類を生産していたが、2012年に取引先の三恵メリヤスにブランドを譲渡している。

ヘラーズカフェ[編集]

ヘラーズカフェ (Heller's Cafe) は、アメリカのヴィンテージウェアを知るラリー・マッコインとウエアハウスのコラボレーションブランド。19世紀のアメリカのヴィンテージクロージングを研究し、復刻しているブランドである。

ダックディガー[編集]

ダックディガー (Duck Digger) は、古着として見つかったダック生地のワークパンツから始まったブランド。このパンツの縫製仕様にウエアハウスは魅力を感じ、「もしもこのパンツを作った人が、後世に至るまでものづくりを続けていたら…」という仮説のもと、誕生したブランドである。ダック生地のワークパンツから始まったことと、その当時、ゴールドラッシュで成功した人を「ゴールドディガー」と呼んでいたことから「ダックディガー」と名付けられた。

OEM[編集]

ウエアハウスは創業時より同業他社に積極的にジーンズOEM供給を行っており、これまでにフラットヘッド、スカルジーンズ、グリーム、ウエストライドフェローズ、等の生産を請け負って来た[要出典]。しかし、度重なる納期遅れのトラブル[要出典]から現在では請け負っていないが、2014年4月からエヴィスジーンズのOEM生産を請け負う事になった[要出典]