ウエスト・ロンドン礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ウエスト・ロンドン礁
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

ウエスト・ロンドン礁(ウエスト・ロンドンしょう、英語:West London Reef/West Reef[1]ベトナム語: Đá Tây / 𥒥西中国語: 西礁)は、南沙諸島にあるロンドン群礁(英語:London Reefs、中国語: 尹慶群礁)西部にある環礁である。北東-南西方向の長さは約8km、幅は約2.5km。草木も無く淡水も出ない[2]。ベトナム名は「ダオ・ティ[3]

1988年から[4]ベトナム実効支配している。ベトナムは2010年から2015年の間に約6.5万m2の埋め立てを行って、建造物を建設している[5][6]。ただし、その埋め立ての規模は、ファイアリー・クロス礁での中国による埋め立ての数十分の一程度にすぎない[7]

一方、中華人民共和国及び中華民国台湾)も、この礁の主権を主張している[8][3]

ウエスト・ロンドン礁 - Google Map

脚注[編集]


座標: 北緯8度49分0秒 東経112度12分0秒 / 北緯8.81667度 東経112.20000度 / 8.81667; 112.20000