ウォルター・アイザックソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウォルター・アイザックソン
Walter Isaacson
Walter Isaacson VF 2012 Shankbone 2.JPG
アイザックソン(2012年、ニューヨークにて)
アメリカ合衆国放送管理委員会英語版委員長
任期
2010年7月2日 – 2012年1月27日
前任者ジェイムズ・グラスマン
後任者ジェフ・シェル英語版
個人情報
生誕 (1952-05-20) 1952年5月20日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
配偶者Cathy Wright Isaacson[1]
子供Betsy Isaacson
Irwin Isaacson
Betty Isaacson
住居アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身校ハーバード大学
オックスフォード大学ペンブルック・カレッジ英語版
職業アナリスト、伝記作家、ジャーナリスト、大学教授
受賞ベンジャミン・フランクリン・メダル (ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ)英語版 (2013)

ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson、1952年5月20日 - )[2]は、アメリカ合衆国ジャーナリスト伝記作家、大学教授である。ワシントンD.C.に本拠を置く超党派の政策研究機関であるアスペン研究所英語版の所長兼CEO、CNNの会長兼CEO、『タイム』誌の編集長などを歴任している。

主な著書に『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(2017年)、『スティーブ・ジョブズ』(2011年)、『アインシュタイン その生涯と宇宙』(2007年)、などがある。

アイザックソンは、テュレーン大学の教授であり、ニューヨークの金融サービス会社であるペレラ・ワインバーグ・パートナーズ英語版の顧問パートナーでもある[3]ハリケーン・カトリーナからの再建を監督したルイジアナ復興局英語版の副局長、ボイス・オブ・アメリカを運営する政府委員会の議長、国防革新委員会委員なども務めた。

若年期と教育[編集]

アイザックソンは、ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれた[4][5]

ハーバード大学で歴史と文学を専攻し、1974年に卒業した。その後、ローズ奨学制度によりオックスフォード大学ペンブルック・カレッジ英語版に留学し、哲学・政治学・経済学英語版(PPE)を学び、First Class Honoursで卒業した[1][2]

キャリア[編集]

メディア[編集]

アイザックソンは、ロンドンの『サンデー・タイムズ』紙でジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせた。その後、『ニューオリンズ・タイムズ=ピカユーン』紙に勤務した。1978年に『タイム』誌の編集部員となり、同誌の政治特派員、ナショナル・エディター、ニューメディア・エディターを経て、1996年に同誌の第14代編集長に就任した[6][7]

アイザックソンは2001年7月にトム・ジョンソン英語版の後任としてCNNの会長兼CEOに就任した。そのわずか2か月後にアメリカ同時多発テロ事件が発生し、CNNの事件報道を先導することとなった[8][9]。アイザックソンは、CNNに就任して間もなく、CNNが共和党員や保守派に不公平な内容を放送しているという批判について、アメリカ議会の共和党指導者たちの意見を求めたことで注目を集めた。『ロール・コール英語版』誌によれば、アイザックソンは、「私は、CNNの共和党員への取材がオープンではないと感じている多くの共和党員に接触しようとしていたし、彼らの懸念を聞きたかった」と述べた。このCEOの行動は、Fairness & Accuracy In Reporting(FAIR)という団体から、アイザックソンの「迎合的」行動が保守派政治家にCNNに対する権力を与えている、と批判された[10][11]

2003年1月、アイザックソンは、CNNの社長を退任してアスペン研究所英語版の所長に就任することを発表した[9]

2018年、テュレーン大学の歴史学教授とニューヨークの金融サービス会社・ペレラ・ワインバーグ・パートナーズ英語版の顧問パートナーになるために、アスペン研究所の所長兼CEOを退任することを発表した[3]

2017年3月、アイザックソンはデル・テクノロジーズと共同で、テクノロジーがビジネスに与える影響をテーマにしたポッドキャスト"Trailblazers"を開始した[12]。2018年、アイザックソンは、『チャーリー・ローズ・ショー英語版』に代わるPBSとCNNの新番組、『アマンプール・アンド・カンパニー英語版』(Amanpour & Company)の共同司会者に指名された[13]

著述業[編集]

著書に、『アメリカン・スケッチ』(2009年)、『アインシュタイン その生涯と宇宙』(2007年)、『ベンジャミン・フランクリン英語版』(Benjamin Franklin: An American Life、2003年)、『キッシンジャー英語版』(Kissinger: A Biography、1992年)などがある。また、エヴァン・トーマス英語版との共著に『ザ・ワイズ・メン』(The Wise Men、1986年)がある[1][14]

スティーブ・ジョブズの死の直後の2011年10月24日、アイザックソンはApple社から公認されたジョブズの伝記『スティーブ・ジョブズ』を出版した。同書は世界的なベストセラーとなり、伝記本の販売記録を塗り替えた。この本は、ジョブズが亡くなる直前までの2年間に行われた40回以上のインタビューと、起業家の友人や家族、ビジネス上のライバルとの会話に基づくものである[15][16][17][18][19]。2015年に、この本を原案とした映画『スティーブ・ジョブズ』が公開された。

2014年10月、アイザックソンは『イノベーターズ英語版』(The Innovators: How a Group of Inventors, Hackers, Geniuses, and Geeks Created the Digital Revolution)を出版した。この本は、デジタル革命における顕著で重要な技術革新、特にコンピュータインターネットの並行した発展の歴史を取り上げたものである。この本は、『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラーとなった[20]。ジャネット・マスリンは、『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載された書評において、アイザックソンは、この本に書かれた空想家やオタクたちと同族の精神を持っていると評した[21]

アイザックソンによるレオナルド・ダ・ヴィンチの伝記『レオナルド・ダ・ヴィンチ』が2017年10月17日に出版され、批評家から好意的な評価を得た[22][23]。2017年8月、パラマウント・ピクチャーズは、アイザックソンのダ・ヴィンチの伝記を映画化する権利をめぐって、ユニバーサル・ピクチャーズとの入札競争に勝利した。同社は、レオナルド・ディカプリオのアッピアン・ウェイ・プロダクションズとの契約に基づいて権利を購入し、ディカプリオを主役にした映画を製作する予定であると発表した[24]。『アビエイター』『グラディエーター』などの脚本家ジョン・ローガンが脚本を担当することになった[25]

公職[編集]

2008年に行われた国務省のブリーフィングでのアイザックソン

2005年10月、ルイジアナ州知事キャスリーン・ブランコ英語版は、ハリケーン・カトリーナからの復興のための支出を監督するルイジアナ復興局英語版の副局長にアイザックソンを任命した。2007年12月には、ジョージ・W・ブッシュ大統領から、パレスチナ自治区における経済・教育機会の創出を目的とした「アメリカ・パレスチナ・パートナーシップ」の議長に任命された[26]。また、ヒラリー・クリントン国務長官からは、イスラム圏への民間投資やパートナーシップを促進するパートナーズ・フォー・ニュー・ビギニング英語版の副議長に任命された[27]

また、枯葉剤に関する米越対話英語版の共同議長を務め、2008年1月には、アメリカがダナンの空軍基地に残したダイオキシンを封じ込めるプロジェクトの完了と、被災地での保健所やダイオキシン研究所の建設計画を発表した[28]。2008年、アメリカ国立衛生研究所の諮問委員に任命された。2009年、バラク・オバマ大統領より、ボイス・オブ・アメリカラジオ・フリー・ヨーロッパなどのアメリカ政府の国際放送を運営するアメリカ合衆国放送管理委員会英語版の議長に任命され、2012年1月まで務めた[29]

2014年、ミッチ・ランドリュー英語版・ニューオリーンズ市長より、2018年に300周年を迎えるニューオリンズ市の記念事業を計画する「ニューオリーンズ三百周年委員会」の共同議長に任命された[30]。2015年、オバマ大統領の反貧困と若者の機会に関するイニシアチブの実行を目指す"My Brother's Keeper Alliance"の役員に任命された[31]。2016年、ミッチ・ランドリュー市長から任命され、市議会で承認されて、ニューオリンズ市計画委員会委員に就任した[32]。また、国防総省の防衛イノベーション諮問委員会英語版委員でもある。

その他の役職[編集]

アイザックソンは、金融サービス会社・ペレラ・ワインバーグ・パートナーズ英語版の顧問パートナーである。ティーチ・フォー・アメリカの名誉会長であり、ユナイテッド航空ハリバートン研究所、『ニューオリンズ・タイムズ=ピカユーン』紙、ブルームバーグ・フィランソロフィー英語版ロックフェラー財団カーネギー研究所アメリカ歴史家協会英語版の理事を務め、2012年にはアメリカ歴史家協会会長を務めた[33]

アイザックソンはテュレーン大学の教授であり、History Of the Digital Revolution(デジタル革命の歴史)というコースを教えている。

賞と栄誉[編集]

アイザックソンは、起業家の人生を描いた著書『スティーブ・ジョブズ』で、2012年のジェラルド・ローブ賞英語版を受賞した[34]

2012年には、世界で最も影響力のある人物を選出する「タイム100」の一人に選ばれた[35]。アイザックソンはロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツのフェローであり、2013年には同協会のベンジャミン・フランクリン・メダル英語版を受賞した[36][37]。また、アメリカ芸術科学アカデミー米国哲学協会英語版の会員である。

2014年、全米人文科学基金は、アイザックソンを人文科学分野での業績に対するアメリカ連邦政府の最高の栄誉であるジェファーソン・レクチャー英語版に選出した。アイザックソンの講義のタイトルは"The Intersection of the Humanities and the Sciences"(人文科学と科学の交差点)だった[38]

著書[編集]

映像外部リンク
Booknotes interview with Isaacson on Kissinger, September 27, 1992, C-SPAN
Louisiana Legends interview with Isaacson by Gus Weil, April 5, 1998, LDMA
Presentation by Isaacson on Benjamin Franklin, July 22, 2003, C-SPAN
Interview with Isaacson on Benjamin Franklin, October 4, 2003, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Benjamin Franklin's legacy, May 11, 2016, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Einstein, April 12, 2007, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Einstein, November 10, 2007, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Einstein, September 27, 2008, C-SPAN
Presentation by Isaacson on American Sketches, December 1, 2009, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Steve Jobs, December 13, 2011, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Steve Jobs, September 22, 2012, C-SPAN
Interview with Isaacson on The Innovators, May 30, 2014, C-SPAN
Interview with Isaacson on The Innovators, October 14, 2014, C-SPAN
Presentation by Isaacson on The Innovators, November 22, 2014, C-SPAN
Presentation by Isaacson on Leonardo da Vinci, November 18, 2017, C-SPAN
  • Isaacson, Walter & Evan Thomas (1986). The Wise Men: Six Friends and the World They Made. New York: Simon and Schuster [39]
  • Kissinger: A Biography. (Simon & Schuster, 1992) 978-0671663230[40]
    • 日本語訳:『キッシンジャー―世界をデザインした男』別宮貞徳訳、日本放送出版協会、1994年。
  • Benjamin Franklin: An American Life. (Simon & Schuster, 2003) 978-0684807614[41][42]
  • Einstein: His Life and Universe. (Simon & Schuster, 2007) 978-0743264747[43][44]
  • Isaacson, Walter (December 2009). “How Einstein divided America's Jews”. The Atlantic 304 (5): 70–74. https://www.theatlantic.com/magazine/archive/2009/12/how-einstein-divided-americas-jews/307763/. 
  • American Sketches. (Simon & Schuster, 2009) 978-1439183441
  • Steve Jobs. (Simon & Schuster, 2011) 978-1451648539
  • The Innovators: How a Group of Inventors, Hackers, Geniuses, and Geeks Created the Digital Revolution. (Simon & Schuster, 2014) 978-1476708690
    • 日本語訳: 『イノベーターズ 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』井口耕二訳、講談社、2019年。
  • Leonardo Da Vinci. (Simon & Schuster, 2017) 978-1501139154[45][46]
    • 日本語訳: 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』土方奈美訳、文藝春秋、2019年。
  • The Code Breaker: Jennifer Doudna, Gene Editing, and the Future of the Human Race. (Simon & Schuster, 2021) 978-1-9821-1585-2[47]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Robin Pogrebin, "At Work and at Play, Time's Editor Seeks to Keep Magazine Vigorous at 75", New York Times, March 9, 1998.
  2. ^ a b Ball, Millie (2011年12月11日). “Steve Jobs' biographer is hometown son Walter Isaacson”. The Times-Picayune. オリジナルの2012年2月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120212154631/http://www.nola.com/books/index.ssf/2011/12/steve_jobs_biographer_is_homet.html 
  3. ^ a b Neibauer, Michael (2017年3月15日). “Walter Isaacson leaving the Aspen Institute”. Washington Business Journal. オリジナルの2017年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170315160000/https://www.bizjournals.com/washington/news/2017/03/15/walter-isaacson-leaving-the-aspen-institute.html 
  4. ^ Skinner, David. “AWARDS & HONORS: 2014 JEFFERSON LECTURER: Walter Isaacson”. National Endowment for the Humanities. 2014年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月30日閲覧。
  5. ^ Family of Sid Salinger”. Sid Salinger (2013年8月19日). 2015年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。
  6. ^ William C. Skinner (2016年5月4日). “Q&A with Walter S. Isaacson”. The Harvard Crimson. 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  7. ^ Paul D. Colford (2000年11月15日). “Moving up the Ladder Big Time”. New York Daily News. 2016年7月5日閲覧。
  8. ^ Cook, John (2003年1月21日). “CNN's turmoil continues over identity, ratings”. The Chicago Tribune. オリジナルの2020年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200319022842/https://www.chicagotribune.com/news/ct-xpm-2003-01-21-0301210060-story.html 2016年3月17日閲覧。 
  9. ^ a b “CNN: Head of news network to step down”. The Chicago Tribune. (2003年1月14日). オリジナルの2020年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200319023056/https://www.chicagotribune.com/news/ct-xpm-2003-01-14-0301140255-story.html 2016年3月17日閲覧。 
  10. ^ New CNN Chief Trying to Please GOP Elite”. FAIR (Fairness & Accuracy In Reporting). Fairness & Accuracy In Reporting (2001年8月15日). 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月18日閲覧。
  11. ^ Associated Press (2001年8月6日). “New CNN chairman meets with GOP critics”. USA Today. オリジナルの2015年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150118085627/http://usatoday30.usatoday.com/news/politics/2001-08-06-cnn.htm 2015年1月18日閲覧。 
  12. ^ Johnson, Lauren (2017年3月15日). “Walter Isaacson Is Getting Into Podcasting With a Series About Technology” (英語). Adweek. オリジナルの2017年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170315145859/http://www.adweek.com/digital/walter-isaacson-is-getting-into-podcasting-with-a-series-for-dell-about-technology/ 2017年7月1日閲覧。 
  13. ^ Guthrie, Marisa (2018年5月8日). “Christiane Amanpour Will Lead New PBS Late-Night Program”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2018年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180508211023/https://www.hollywoodreporter.com/news/christiane-amanpour-will-lead-new-pbs-late-night-program-1109701 
  14. ^ Walter Isaacson”. Author page. Simon & Schuster. 2019年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。
  15. ^ Lynch, Rene (2011年10月6日). “Steve Jobs biography: Release date moves up, skyrockets to No. 1”. Los Angeles Times. 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  16. ^ Brad Stone, "Jobs Is Said to Assist With Book on His Life", New York Times, February 15, 2010.
  17. ^ Peralta, Eyder (2011年4月11日). “Steve Jobs Authorizes Biography; It's Due Out Early 2012”. NPR. 2019年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  18. ^ Swisher, Kara (2011年8月15日). “New Jobs Bio Cover Is All Apple With Pub Date of November”. All Things Digital. 2011年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  19. ^ Isaacson, Walter (April 2012). “The Real Leadership Lessons of Steve Jobs”. Harvard Business Review 90 (4): 92–100, 102, 146. PMID 22458204. オリジナルの22 March 2012時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120322192235/http://hbr.org/2012/04/the-real-leadership-lessons-of-steve-jobs/ar/1. 
  20. ^ The Innovators: How a Group of Hackers, Geniuses, and Geeks Created the Digital Revolution by Walter Isaacson”. Maroon Weekly. Campus Press LP (2014年10月29日). 2015年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月18日閲覧。
  21. ^ Janet Maslin (2014年10月8日). “Heralds of the Digital Tomorrow”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2014/10/09/arts/walter-isaacsons-the-innovators-studies-computer-wizards.html?_r=0 2015年1月18日閲覧。 
  22. ^ Bookmarks reviews of Leonardo da Vinci by Walter Isaacson”. LitHub. 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月19日閲覧。
  23. ^ Isaacson, Walter (2017-10-17) (英語). Leonardo da Vinci. Simon & Schuster. ISBN 9781501139154 
  24. ^ Fleming, Mike, Jr. (2017年8月12日). “Update: Paramount Wins Leonardo Battle: Lands Walter Isaacson Da Vinci Book For DiCaprio” (英語). Deadline. 2017年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月29日閲覧。
  25. ^ Fleming, Mike, Jr. (2018年2月1日). “John Logan To Adapt Walter Isaacson's Leonardo Da Vinci Book For Leo DiCaprio” (英語). オリジナルの2018年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180202000930/https://deadline.com/2018/02/leonardo-dicaprio-leonardo-da-vinci-john-logan-walter-isaacson-paramount-pictures-movie-1202276443/ 2020年3月19日閲覧. "Paramount has set John Logan to adapt the Walter Isaacson book Leonardo da Vinci as a star vehicle for Leonardo DiCaprio to play the painter/scientist. DiCaprio and Jennifer Davisson [Jennifer Davisson Killoran] are producing through their Appian Way banner." 
  26. ^ "President Bush Meets with U.S.-Palestinian Public-Private Partnership", White House press release, December 2007.
  27. ^ Partners for a New Beginning”. United States Department of State (2010年4月26日). 2019年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。 “Former Secretary of State Madeleine Albright will serve as the Chair of PNB. Walter Isaacson (President of The Aspen Institute) and Muhtar Kent (Chairman and CEO of The Coca-Cola Company) will serve as Vice-Chairs.”
  28. ^ Mason, Margie (2010年6月16日). “Plan addresses Agent Orange legacy in Vietnam - World news - World environment” (英語). msnbc.com. Hanoi: NBC News. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月19日閲覧。 “$300 million ($3.45億 in 2019) for Agent Orange fund”
  29. ^ "President Obama More Key Administration Posts" Archived February 16, 2017, at the Wayback Machine., White House press release, November 18, 2009.
  30. ^ Woodward, Alex (2014年12月1日). “Mayor Landrieu unveils New Orleans' tricentennial group”. Best of New Orleans. 2015年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  31. ^ My Brother's Keeper Fact Sheet”. My Brother's Keeper Alliance. 2015年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。 “Board and Leadership Team: Walter Isaacson, CEO, Aspen Institute”
  32. ^ Litten, Kevin (2016年11月1日). “New Orleans Native Walter Isaacson Appointed to CPC”. New Orleans Times-Picayune. オリジナルの2016年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161102155959/http://www.nola.com/politics/index.ssf/2016/11/walter_isaacson_planning_commi.html 
  33. ^ Executive Board | Society of American Historians”. Society of American Historians. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月19日閲覧。 “Executive Board, 2011-2012 [...] Officers: Walter Isaacson, President”
  34. ^ UCLA Anderson Announces 2012 Gerald Loeb Award Winners”. UCLA Anderson School of Management (2012年6月26日). 2013年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月2日閲覧。 “Business Books Winner: Walter Isaacson for "Steve Jobs" published by Simon & Schuster”
  35. ^ Albright, Madeline K. (2012年4月18日). “The World's 100 Most Influential People: 2012”. Time. オリジナルの2013年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130930105302/http://content.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,2111975_2111976_2111986,00.html 
  36. ^ 2013 Benjamin Franklin Medal Presentation To Walter Isaacson”. RSA United States (2013年10月). 2013年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  37. ^ SDA, RSA-US (2013-10-09), 2013 Benjamin Franklin medal: Walter Isaacson, https://www.flickr.com/photos/sdaus/10404484184/ 2020年3月19日閲覧。 
  38. ^ Waddington, Chris (2014年1月28日). “Best-selling biographer Walter Isaacson will deliver prestigious Jefferson Lecture in 2014”. Times-Picayune. オリジナルの2014年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140204015909/http://www.nola.com/celebrities/index.ssf/2014/01/best-selling_biographer_walter.html 
  39. ^ Published simultaneously in London by Faber.
  40. ^ Review of Kissinger by Walter Isaacson”. Kirkus Reviews (1992年7月1日). 2011年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月19日閲覧。
  41. ^ Maslin, Janet (2003年7月3日). “Review of Benjamin Franklin: An American Life by Walter Isaacson”. NY Times. https://www.nytimes.com/2003/07/03/books/books-of-the-times-the-founder-of-healthy-wealthy-wise-inc.html 
  42. ^ “Review of Benjamin Franklin: An American Life by Walter Isaacson”. Kirkus Reviews. (4 July 1983). オリジナルの3 November 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111103165712/https://www.kirkusreviews.com/book-reviews/walter-isaacson/benjamin-franklin-3/#review 2020年3月19日閲覧。. 
  43. ^ Maslin, Janet (2007年4月9日). “Review of Einstein: His Life and Universe by Walter Isaacson”. NY Times. https://www.nytimes.com/2007/04/09/books/09masl.html 
  44. ^ “Review of Einstein: His Life and Universe by Walter Isaacson”. Kirkus Reviews. (15 February 2007). オリジナルの3 November 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111103165727/https://www.kirkusreviews.com/book-reviews/walter-isaacson/einstein-4/#review. 
  45. ^ Kafka, Alexander C. (2017年10月12日). “Review of Leonardo da Vinci by Walter Isaacson”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/entertainment/books/how-to-unlock-your-inner-leonardo-da-vinci/2017/10/09/55ac0762-a880-11e7-92d1-58c702d2d975_story.html 
  46. ^ Leonardo Da Vinci by Walter Isaacson” (英語). The Objective Standard (2019年5月10日). 2021年4月13日閲覧。
  47. ^ The Code Breaker” (英語). Simon & Schuster. 2021年2月27日閲覧。