ウォルター・フレデリック・ゲイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウォルター・フレデリック・ゲイル(Walter Frederick Gale、1865年11月27日 - 1945年6月1日)は、シドニー郊外のパディントン英語版で生まれたオーストラリア銀行家である。天文学に強い関心をもち、1884年に自身で初めて望遠鏡を作製した[1]

彼は、既に失われたガイル彗星を始め多くの彗星を発見し、またいくつかの二重星を発見した。1892年には、火星のオアシスと運河を発見した。1935年には、「彗星の発見とニューサウスウェールズ州の天文学に対する貢献」に対して、王立天文学会から、ジャクソン=グウィルト・メダルを授与された。

2012年のキュリオシティの着陸地点に選ばれた火星のクレーターゲールは、彼の名誉を称えて名付けられた[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wood, Harley (1981). "Gale, Walter Frederick (1865–1945)". Australian Dictionary of Biography (English). 8. Canberra: Australian National University. 2013年4月12日閲覧. 
  2. ^ The Associated Press (2011年11月26日). “NASA Launches Sophisticated Rover on Journey to Mars”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/11/27/science/space/nasas-curiosity-rover-sets-off-for-mars-mission.html 2011年11月26日閲覧。 

死亡記事[編集]