ウォルター・ラッセル・ランバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォルター・ラッセル・ランバス
Walter Russel Lambuth.jpg
生誕 1854年11月10日
清の旗 上海市
死没 (1921-09-26) 1921年9月26日(66歳没)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
職業 宣教師教育者医師
著名な実績 関西学院の創立
ジェームス・ウィリアム・ランバス(父)

ウォルター・ラッセル・ランバス(Walter Russell Lambuth、中国名は藍華徳1854年11月10日 - 1921年9月26日)は、アメリカ宣教師医師教育者関西学院の創設に尽力したことで知られる。また、大分リバイバルを起こした。

生涯・人物[編集]

1854年に宣教師で教育者のジェームス・ウィリアム・ランバスと妻メアリー・イザベラ・ランバス(英語: Mary Isabella Lambuth)の子として清国上海に生まれる[1][2]。1875年5月、名門エモリー・アンド・ヘンリー大学卒業。ヴァンダービルト大学大学院で神学博士医学博士の学位を取得[3]アメリカ南メソヂスト監督教会(MECS)のジャパン・ミッションとして、父とともに1886年(明治19年)に上海経由で来日[4]

1886年11月24日、MECSジャパン・ミッションの総理として神戸に着任し、南美以神戸教会(現在の日本基督教団神戸栄光教会)初代牧師に就任する。着任2日後の11月27日に、その居館である神戸外国人居留地四十七番館の2階に読書館を設け、英語学校(後のパルモア学院)を開く[5]1888年に、関西学院創立に着手。1889年(明治22年)に、神戸市郊外の原田村、いわゆる「原田の森」(現在の神戸市灘区王子町)にWest Japan College、すなわち関西学院を創立し、初代院長となる。

1897年に広島美以教会(現在の日本基督教団広島流川教会)2代目牧師に就任。その頃、父ジェームスは神戸に、ウォルターは広島に居住。ともに瀬戸内海沿岸の広域伝道に着手。

1889年(明治22年)に大分美以教会(日本基督教団大分教会)を訪れて、除夜祈祷会で祈っていると激しく聖霊を体験して、信仰復興運動が起きた[6]

1890年12月16日、妻の病のため、離日。1910年(明治43年)に最高職の監督 (bishop) に就任、以後ブラジルアフリカ大陸ロシアシベリア、中国の伝道にたずさわる。1921年(大正10年)に、軽井沢で宣教師会開催のため再来日するが、発病により、入院先の横浜にて死去。神戸市立外国人墓地に葬られた。

テネシー州ジャクソンに所在するランバス大学英語版は、ウォルター・R・ランバスの名誉を称えて改名されたものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Honoring the Name of Mary Isabella Lambuth - 日本基督教団公式サイト” (日本語、英語). 日本基督教団. 2016年10月23日閲覧。
  2. ^ 聖和大学、関西学院の合併へ向けての検討開始について” (日本語). 関西学院大学. 2009年11月23日閲覧。
  3. ^ 谷口1986、121頁。
  4. ^ 谷口1986、122-123頁。
  5. ^ そのとき来日中のアメリカ・ミズーリ州で牧会にあたるW.B.パルモアがこの活動に興味を示し、以降毎年図書と100ドルの寄付を行うことを約束したことから、読書館がパルモア学院と命名された。
  6. ^ 守部2009、187頁

参考文献[編集]

  • 谷口利一 『使徒たちよ眠れ 神戸外国人墓地物語』 神戸新聞出版センター、1986年ISBN 4-87521-447-2。
  • 『日本キリスト教歴史だ事典』 教文館、1988年
  • 守部喜雅 『日本宣教の夜明け』 いのちのことば社、2009年ISBN 978-4-264-02638-9。