ウォレス・マルティンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・ソウザ第二姓(父方の)はマルティンスです。
ウォレス・マルティンス
Wallace Martins
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-03-22) 1983年3月22日(36歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
ラテン文字 Wallace Martins
身長 204cm
体重 100kg
血液型 B型
選手情報
愛称 ウォーリー
ポジション OP
指高 265cm
利き手
スパイク 344cm
ブロック 320cm
テンプレートを表示

ウォレス・マルティンス(Wallace Jansen de Souza Martins、1983年3月22日 - )は、ブラジルの男子バレーボール選手。サンタカタリーナ州出身[1]ブラジル代表

来歴[編集]

ウォレスは1998-99シーズンにTelesp Clubeに入団し、プロ選手としてのスタートを切った。2000年には南米ジュニア選手権で優勝し、翌年にはポーランドで開催された世界ジュニア選手権で優勝を果たす。

2001-02シーズンからはEC Unisulに所属し、Caterinense選手権で2度優勝やスーパーリーガ準優勝、2002年には再び南米ジュニア選手権で優勝、翌年には世界ジュニア選手権で準優勝を果たした。

2003-04シーズンからは3シーズン、イタリアセリエA2のVolley Santa Croceイタリア語版と契約し、セリエA2杯優勝やセリエA1昇格に貢献した。

2006年から4年間、アルゼンチンVolley Bolivarイタリア語版でプレーした。

2010-11シーズンからはブラジルに戻り、SESIサンパウロ英語版でプレーし、スーパーリーガ初優勝や南米クラブ選手権優勝を果たす。2011年からはナショナルチーム入りし、ワールドリーグに出場した。

2012年8月、サントリーサンバーズと契約し[2]2012/13Vプレミアリーグレギュラーラウンド1位の原動力となった。2013年5月の第62回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会でもチーム優勝に大きく貢献し、自らもMVP・ベスト6賞の栄誉に浴した[3]。翌年9月、肩の故障治療のため、サントリーを退団[4]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イタリア語版wikipediaではリオデジャネイロ出身とされているが、サントリーサンバーズ公式サイトの表記を採った。
  2. ^ サントリーサンバーズ. “ウォレス マルティンス選手 入団のお知らせ”. 2013年5月9日閲覧。
  3. ^ 日本バレーボール協会. “第62回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 特 別 表 彰 選 手 ( 男 子 )”. 2013年5月7日閲覧。
  4. ^ サントリーサンバーズ. “【ご報告】ウォレス・マルティンス選手 退団について”. 2013年9月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 2012-13 バレーボールVリーグ観戦ガイドブック V.LEAGUEチームの顔 75ページ