ウォンウィアン・ヤイ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォンウィアン・ヤイ駅
マハーチャイ線
マハーチャイ線
วงเวียนใหญ่
Wongwian Yai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国バンコク都
所属事業者 タイ国有鉄道(SRT)
バンコク・スカイトレイン(BTS)
テンプレートを表示

ウォンウィアン・ヤイ駅(ウォンウィアン・ヤイえき、タイ語:สถานีรถไฟวงเวียนใหญ่)は、バンコクにあるタイ国有鉄道メークローン線及びバンコク・スカイトレインシーロム線のである。

両駅は乗換駅となっている。タクシン通りを挟んでタイ国有鉄道の駅はトンブリー区側に、バンコク・スカイトレインの駅はクローンサーン区側に位置しているため、両駅間は少し離れており(約900m)、徒歩で10 - 15分程度かかる。

タイ国有鉄道 メークローン線(マハーチャイ線)[編集]

ウォンウィアン・ヤイ駅
ウォンウィアン・ヤイ駅構内
ウォンウィアン・ヤイ駅構内
วงเวียนใหญ่
Wongwian Yai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都トンブリー区
駅番号 5001
所属事業者 タイ国有鉄道
所属路線 メークローン線(マハーチャイ線)
キロ程 0.00km(ウォンウィアン・ヤイ駅起点)
電報略号 งญ.
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1905年1月4日
テンプレートを表示

概要[編集]

タイ国有鉄道メークローン線は、民営鉄道私鉄)として開業した歴史を持ち、現在の当駅付近を含む東側区間のクローンサーン - マハーチャイ間(マハーチャイ線)が1905年1月4日にターチーン鉄道として、西側区間のバーンレーム - メークローン間が1907年7月12日にメークローン鉄道として、それぞれ開通している[1]1926年2月12日から1955年までの間はクローンサーン駅- バーンボーン停車場間が電化されており、電車の運行も行われていた[2]

内燃化後も東側区間については運行本数は多く、時間帯により最短30分間隔での列車運行が行われている。

開業以来、マハーチャイ線は、チャオプラヤー川右岸に面したクローンサーン駅をバンコクのターミナルとしていた。しかし、1960年代にバンコク市街地の踏切による交通渋滞を緩和する目的で、タクシン通りとの平面交差地点以東の区間が廃止された。それ以来、タクシン通りの西側に面した当駅が起終点となっており、バンコクから郊外南西部を結ぶマハーチャイのターミナル駅として機能している[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

片面ホーム1面1線の地上駅。小規模な駅ではあるものの有人駅であり、ホーム上の切符売り場で乗車券を発売する他、運転取扱の駅員も配置されており、到着列車入線時の停止位置現示、出発時の合図等を手信号により行っている。

かつては機回しのための施設[4]や、工場入出場車両の回送線[5]があったが撤去された。

ホーム上には多数の露店が並ぶ他、線路を挟んだホームの反対側にセブン-イレブンがある。

その他[編集]

  • メークローン線東側区間(マハーチャイ線)の閉塞区間配置
ウォンウィアン・ヤイ駅 - ワット・シン駅 - ランポー駅 - バーンナームジュード停車場 - コークワイ停車場 - マハーチャイ駅

バンコク・スカイトレイン シーロム線[編集]

ウォンウィアン・ヤイ駅
BTSウォンウィアン・ヤイ駅
BTSウォンウィアン・ヤイ駅
วงเวียนใหญ่
Wongwian Yai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
クローンサーン区
駅番号  S8 
所属事業者 バンコク・スカイトレイン
所属路線 シーロム線
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2009年5月15日
テンプレートを表示

概要[編集]

バンコク・スカイトレインシーロム線の延伸により、タクシン通りの東側に建設され、2009年5月15日に開業した。国鉄マハーチャイ線のウォンウィアン・ヤイ駅は、タクシン通りを挟んだ南東側のやや離れた場所に立地しているが、徒歩での連絡が可能であり、メークローン線沿線地域とバンコク都心部とのアクセスが大幅に改善された。

開業より3年8ヶ月ほどは終着駅であったが、2013年1月12日ポーニミット駅まで延伸開業したことにより中間駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する、高架駅である。

駅階層[編集]

3階
相対式ホーム
3番線・下り ポーニミットウターカートバーンワー方面
4番線・上り クルン・トンブリーサラデーンサナームキラーヘンチャート方面
相対式ホーム
2階 コンコース 自動券売機自動改札口
1階 出入口 クルン・トンブリー通り

脚注[編集]

  1. ^ 『タイ鉄道旅行』 p.299
  2. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.127-128。
  3. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.221-223。
  4. ^ 『鉄道ピクトリアル』2000年6月号(No.686)p.106
  5. ^ 旧クローンサーン駅までの本線を非営業線として残置したもの。旧駅跡のチャオプラヤー川河岸とマッカサン鉄道工場との間は車両をに積載して輸送した(『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.222-223)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]