ウォーカーヒルホテルアンドリゾート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォーカーヒルホテルアンドリゾート
WALKERHILL HOTEL & RESORT
本社所在地 韓国
ソウル特別市広津区ウォーカーヒル路177
設立 1963年4月8日
業種 宿泊業、観光宿泊業、サービス業
事業内容 ホテル、飲食事業場などの運営
テンプレートを表示

ウォーカーヒルホテルアンドリゾートWALKERHILL HOTEL & RESORT)は、韓国のホテル産業を代表するリーダーである。1963年に東洋最大規模のホテル『ウォーカーヒルホテル』としてオープンし[1]、スターウッド(Starwood)社との提携によりホテル事業を展開してきたが、2017年1月1日より『ウォーカーヒルホテルアンドリゾート(WALKERHILL HOTEL & RESORT)』として独自の運営を開始した。ソウル市広壮洞に位置するウォーカーヒルに『グランドウォーカーヒルソウル(Grand Walkerhill Seoul)』、『ビスタウォーカーヒルソウル(Vista Walkerhill Seoul)』、そして『ダグラスハウス(Douglas House)』を運営し、都会の中のヒーリングデスティネーションとして定着している。これ以外にも、仁川国際空港にトランジットホテルおよびカプセルホテル『ダラックヒュ(DARAKHYU)』をオープンして運営しており、2018年にオープンした仁川国際空港第2ターミナル(T2)ではプレミアム/一般ラウンジを運営している。

沿革[編集]

  • 1963年 - ウォーカーヒルホテル開館
  • 1973年 - SK グループウォーカーヒル買収
  • 1978年 - シェラトンホテルフレンチャイズ契約
  • 2000年 - 業界初専門アカデミー開設
  • 2004年 - アジア初Wホテルオープン
  • 2009年 - SKネットワークスがウォーカーヒル買収合併[2]
  • 2017年 - 独自ブランド『グランドウォーカーヒルソウル(GRAND WALKERHILL SEOUL) 』オープン
  • 2017年 - 仁川国際空港カプセルホテル『ダラックヒュ』オープン(韓国初)
  • 2017年 - 独自ブランド『ビスタウォーカーヒルソウル(VISTA WALKERHILL SEOUL) 』オープン
  • 2018年 - 『ダグラスハウス(DOUGLAS HOUSE) 』オープン 

ホテルブランド[編集]

現行運営施設一覧[編集]

グランドウォーカーヒルソウル (Grand Walkerhill Seoul)[編集]

以前はシェラトンウォーカーヒルホテルだったがStarwood社とのブランド提携を終了し2017年1月に『グランドウォーカーヒルソウル』という名で新たにローンチした。客室数412室、8つのダイニング、ウォーカーヒルライブラリー、キッズクラブなどの付帯施設を保有し、ビスタウォーカーヒルソウルと共同で9つの宴会場がある。外国人専用のカジノもある。(所在地:ソウル特別市広津区ウォーカーヒル路177)

ビスタウォーカーヒルソウル (Vista Walkerhill Seoul)[編集]

以前はWソウルウォーカーヒルだったが、Starwood社とのブランド提携の終了とともに2017年4月に『ビスタウォーカーヒルソウル』という名で新たにローンチした。客室数250室、3つのダイニング、野外ガーデン、SKY YARD、Wellness Clubなどの付帯施設を保有しており、グランドウォーカーヒルソウルと共同で9つの宴会場がある。(所在地:ソウル特別市広津区ウォーカーヒル路177)

ダグラスハウス (Doulgas House)[編集]

ホテルオープン初期の1964年に建築家の金寿根によって設計されたホテル棟で、ウォーカーヒルを囲む本来の自然の景観を損なうことなく山の一部となるようにデザインされているのが特徴だ。2018年4月、自然と調和する空間で自分だけのための思惟と休息のひと時を過ごすライフスタイルホテルとしてリニューアルオープンした。宿泊客はダグラス・ラウンジ、ダグラス・ライブラリー、オープンキッチンを利用することができる。

受賞実績[編集]

2017 国家ブランド大賞 ホテルリゾート部門 第1位
2018 国家ブランド大賞 ホテルリゾート部門 第1位