ウォーフロント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォーフロント
War Front (41354479555).jpg
牧場でのウォーフロント(2016年)
現役期間 2004年~2006年(現役期間)
欧字表記 War Front
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛[1]
生誕 2002年2月11日[2]
Danzig[2]
Starry Dreamer[2]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Joseph Allen[2]
馬主 Joseph Allen[2]
調教師 H. Allen Jerkens(アメリカ)[2]
競走成績
生涯成績 13戦4勝[2]
獲得賞金 424,205ドル[2]
 
勝ち鞍
GII アルフレッド・G・ヴァンダービルトハンデキャップ 2006年
テンプレートを表示

ウォーフロントWar Front 2002年2月11日 - )は、アメリカ合衆国で生産・調教された競走馬種牡馬

現役時代はGI未勝利であったが、種牡馬として大きな成功を収め、「ダンジグ晩年の傑作」と呼ばれるまでに至った[3][4]

経歴[編集]

各競走の出典については競走成績の節を参照。

現役時代[編集]

2004年の年末にリチャード・ミグリオーレを鞍上にデビューするが7着に完敗。2歳時はこの1戦だけで、年明け1月にもう一走するがこちらも3着に敗北。

3戦目は夏の終わりの8月31日。騎手をホセ・サントスに代えて出走し、11馬身差を着けての初勝利を挙げた。その後、一般競走・リステッドを2連勝してディスカバリーハンデキャップ英語版(G3)に挑戦するも6着。3歳シーズンは6戦3勝で終わる。

4歳シーズン年明けからミスタープロスペクターハンデキャップ(G3)・デピュティミニスターハンデキャップ英語版(G2)・トムフールハンデキャップ英語版(G2)とグレードレースを3戦するが、いずれも2着に終わる。更にアルフレッド・G・ヴァンダービルトハンデキャップ(G2[注釈 1])に出走。1番人気にこたえて逃げ切り勝ちを収める。

勢いに乗ってフォアゴーステークスヴォスバーグステークスと続けてG1に挑戦するもここでも2回連続の2着に終わる。そしてブリーダーズカップ・スプリントに挑むも勝ったソーズエコー英語版から7馬身差を付けられての6着に完敗。これで現役を引退し、クレイボーンファームにて種牡馬入りすることとなった[5]。初年度の種付け料は12500ドル[6]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 頭数 人気 着順 騎手 斤量(ポンド) 距離 馬場状態 タイム 着差 1着(2着)馬 出典
2004年.12.18 アケダクト メイデン 11頭 3人 7着 R.ミグリオーレ 120 D6F 7 1/2身 Diamond Wildcat [Race 1]
2005年. 1.16 アケダクト メイデン 9頭 1人 3着 R.ミグリオーレ 120 D8F 6身 Tashdeed [Race 2]
8.31 アケダクト メイデン 6頭 3人 1着 J.サントス 119 D6F 不良 1.09.68 11 1/2身 (Master Command) [Race 3]
9.18 ベルモントパーク アローワンス 5頭 1人 1着 J.サントス 121 D6F 1.09.31 6身 (Stars Above) [Race 4]
10.1 ベルモントパーク プリンスレットS 5頭 1人 1着 J.サントス 116 D8.5F 稍重 1.41.79 6身 (Skagway) [Race 5]
10.29 ベルモントパーク ディスカヴァリーH G3 11頭 2人 6着 J.サントス 115 D8.5F 6 3/4身 Magna Graduate [Race 6]
2006. 1. 7 ガルフストリーム ミスタープロスペクターH G3 8頭 2人 2着 J.サントス 115 D6F クビ Gaff [Race 7]
2. 5 ガルフストリーム デピュティミニスターH G3 7頭 1人 2着 J.ヴェラスケス 115 D6.5F 稍重 1身 Universal Form [Race 8]
7.16 ベルモントパーク トムフールH G2 6頭 3人 2着 J.ヴェラスケス 115 D7F クビ Silver Train [Race 9]
8.12 サラトガ AGヴァンダービルトBCH G2 6頭 1人 1着 J.サントス 115 D6F 1.10.21 2 1/2身 (Judiths Wild Rush) [Race 10]
9. 2 サラトガ フォアゴーS G1 11頭 2人 2着 J.サントス 121 D7F 2 1/4身 Pomeroy [Race 11]
10. 7 ベルモントパーク ヴォスバーグS G1 5頭 3人 2着 J.サントス 124 D6F 2 3/4身 Henny Hughes [Race 12]
11. 4 チャーチルダウンズ BCスプリント G1 14頭 6人 7着 J.サントス 126 D6F 7 1/4身 Thor's Echo [Race 13]

種牡馬時代[編集]

現役時代は「勝ちきれない馬」という印象が強く、馬体も小さかったことから、種牡馬入り当初の評価は高くなかった。初年度こそ75頭の産駒が生まれたが、3年後には41頭にまで減少。2016年には産駒の活躍で20万ドルにまで高騰する種付け料も、当時は1万ドルまで下げても交配馬を見つけることが難しかった[3]

2010年より産駒がデビューすると、初年度産駒の中からサマーソワレが2011年のデルマーオークスに勝利してG1初勝利。初年度産駒から3頭のG1馬が誕生。さらに2年目産駒のデクラレーションオブウォーが英G1を2勝する活躍でヨーロッパでもその価値が認められた。その後も多数のG1馬を輩出し、当初の12500ドルの20倍となる25万ドルで供用されている[6]。後継種牡馬としてはザファクターが2016年から、デクラレーションオブウォーが2017年から産駒がデビューしており、両馬とも1年目からG1馬を送り出し、まずは順調なスタートを切っている。

主な産駒[編集]

パート1国のG1馬のみ

血統表[編集]

War Front血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系

Danzig
父の父
Northern Dancer
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Pas de Nom
Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim

Starry Dreamer
Rubiano Fappiano Mr.Prospector
Killaloe
Ruby Slippers Nijinsky
Moon Glitter
母の母
Lara's Star
Forli Aristophanes
Trevisa
True Reality Round Table
Secret Promise
母系(F-No.) (FN:F4-r) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer2×5 Hyperion5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ JBIS War Front(USA)5代血統表2018年7月16日閲覧。
  2. ^ JBIS War Front(USA)5代血統表2018年7月16日閲覧。
  3. ^ JBIS War Front(USA)5代血統表2018年7月16日閲覧。

母 Starry Dreamer はアメリカで31戦6勝。勝ちこそないもののG1時代のガゼルステークス(当時はガゼルハンデ)での2着を筆頭にグレードレースで6度の2着がある活躍馬。半兄 Ecclesiastic (父Tapit)・半妹 Teammate(父 A.P. Indy)もそれぞれグレードレースで2勝している。母父 Rubiano は現役時代 G1 3勝の活躍馬で種牡馬としては数頭のグループレース勝ち馬を出してそこそこの成功を収めた。代表産駒は米フューチュリティステークス勝ちの Burning Roma 。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時。現在はG1

出典[編集]

  1. ^ War Front(USA)”. JBIS. 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h War Front (KY)”. EquiBase. 2018年7月14日閲覧。
  3. ^ a b 種牡馬(有力騎手、調教師、馬主、種牡馬紹介):アメリカ競馬 各国の競馬 有力騎手、調教師、種牡馬紹介. JRA. 2018年8月1日閲覧
  4. ^ 新潮流ウォーフロントの成長力. TOKYO THOROUGHBRED CLUB. OFFICAL SITE(2017年8月16日付). 2018年8月14日閲覧
  5. ^ War Front Retired to Claiborne”. BloodHorse (2006年11月8日). 2018年7月27日閲覧。
  6. ^ a b war-front fee-history”. Racing Post. 2018年7月27日閲覧。

レース結果の出典[編集]

  1. ^ Maiden (PDF)”. Equibase. 2018年7月27日閲覧。
  2. ^ Maiden2 (PDF)”. Equibase. 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ Maiden3 (PDF)”. Equibase. 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ Allowance (PDF)”. Equibase. 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ Princelet S (PDF)”. Equibase. 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ Discovery H (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  7. ^ Mr. Prospector H (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  8. ^ Deputy Minister H (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  9. ^ Tom Fool H (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  10. ^ AGVanderbiltBCH (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  11. ^ Forego S (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  12. ^ Vosburgh S (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。
  13. ^ BC Sprint (PDF)”. Equibase. 2018年7月29日閲覧。