ウォール・オブ・サウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウォール・オブ・サウンド(Wall of Sound、音の壁)は、アメリカ合衆国の音楽プロデューサーフィル・スペクターが1960年代前半に開発した、音圧を上げるための音楽制作手法[1]またはそれによる音楽作品。各パートが分離せずにまとまった力強い音は、後の音楽シーンに多大なる影響を与えた。狭義ではスペクター作品のみ、広義では影響を受けた作品を含む。

代表的な作品[編集]

影響を受けた人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]