ウキツリボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウキツリボク
Abutilon megapotamicum2500604731.jpg
ウキツリボクの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : アオイ類 Malvids
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
: イチビ属 Abutilon
: ウキツリボク
A. megapotamicum
学名
Abutilon megapotamicum A.St.Hil. et Naudin[1]
和名
ウキツリボク(浮釣木)[2]
英名
trailing abutilon[3][4]
Brazilian abutilon[5]
Chinese lantern[3]

ウキツリボク(浮釣木、学名:Abutilon megapotamicum)は、アオイ科イチビ属[6](アブチロン属[5])の常緑低木ブラジル原産[4]。吊り下げたランタンに見立てられる赤と黄色のコントラストが鮮やかな花を咲かせ、温室栽培や、鉢植え・地植えの庭木として観賞用に栽培される。園芸においてはチロリアンランプとも呼ばれる[7][8][9]

特徴[編集]

ルイ・ヴァン・ホウテ編『ヨーロッパの植物』の図版(1860年代)

形態[編集]

野生では樹高約1.5m[2][4]。ただし品種や環境により自立する低木からほぼ平伏するものまで様々である[3]。枝は細くて表皮は堅い。葉は長さ5~11cm、互生して托葉があり、ハート形~長披針形で尖端は鋭角に尖り、縁にはふぞろいな鋸歯を持つ[2][4][5]。花は葉腋から細長い花柄を伸ばし下垂する。花弁の一部にも見える鮮赤色の部分は実際にはで、5稜のある筒状で端は5つに裂ける[2][4]。その萼の中から、5枚の鮮黄色の花弁がのぞき、萼とのコントラストが美しい[2]。花径は3cmほど[4]。さらに花弁の中心からは、赤紫色~濃菫色雄蕊が突出する[4][5]。花は十分に温暖な環境ならば通年見られるが、やや気温の下がる地域(日本など)では春から秋にかけてとなる[7][10]

分布[編集]

ブラジル原産で、現在は世界の熱帯亜熱帯に広く分布。日当たりの良い場所か明るい日陰、水はけの良い土壌を好む[4][10]

利用[編集]

観賞用に栽培される[11]。熱帯原産の植物なので温室栽培が基本であるが、比較的耐寒性もあり日本でも関東南部以西では露地植えが可能[7][10]。春から秋にかけての比較的長い期間、特徴的な花を楽しむことができる。低温域や、強い降霜積雪のある地域では鉢植えに仕立て、冬季のみ屋内に取り込むとよい[10]。幹や枝は細く、大きく生長したものでは支柱が必要となる[12]。支柱を用いることで生垣などに仕立てることも可能である。

名称[編集]

近縁種のアブチロン・ミレリ
Abutilon × milleri
ウキツリボクの花に比べて、萼が暗赤色で花弁に脈が入る違いがある。
アブチロン・ヒブリドゥムの一種 'ケンティッシュ・ベル'
('Kentish Belle')[10]

和名ウキツリボク(浮釣木)は、細い花柄からぶら下がった花が宙に浮いているように見えることから[2]。園芸植物としてはチロリアンランプの呼称もある[7][8][9]

英名は trailing abutilon(つる性のアブチロン)、原産地から Brazilian abutilon など[4][5]。赤と黄色の花を灯火に見立てた Chinese lantern の呼称もあるが、これはショウジョウカやアブチロン属の園芸品種群(Abutilon × hybridumフイリアブチロン)の花も含んだ呼称のため注意を要する[3][10]

近縁種[編集]

  • アブチロン・ミレリ(Abutilon × milleri[4] - ウキツリボクとショウジョウカAbutilon pictum)との自然交雑種。ウキツリボクに似た花をつける低木だが、萼は暗赤色~暗紫色で、黄~橙色の花弁に脈が入る特徴がある[3][4]
  • アブチロン・ヒブリドゥムAbutilon × hybridum[4] - アブチロン属の種間雑種突然変異から選抜された園芸品種群。ウキツリボクも交雑親としてよく用いられる[11]。園芸においてはアブチロン属のうち、観賞用に用いられる種(ウキツリボク、ショウジョウカ、アブチロン・ヒブリドゥム等)を総称して「アブチロン」と呼ぶ場合があるが[7][11]、植物分類上は別種である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Abutilon megapotamicum A.St.Hil. et Naudin ウキツリボク”. 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList) (2014年2月20日). 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 新分類牧野日本植物図鑑、802頁。
  3. ^ a b c d e フローラ、72頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 園芸植物大事典、116頁。
  5. ^ a b c d e 原色世界植物大図鑑、730頁。
  6. ^ 改訂新版日本の野生植物、24頁。
  7. ^ a b c d e 庭の花図鑑500、166頁。
  8. ^ a b チロリアンランプ”. 岐阜大学教育学部理科教育講座地学教室. 2018年12月15日閲覧。
  9. ^ a b アブチロン・メガポタミクム(アオイ科)”. 公益社団法人東京生薬協会. 2018年12月15日閲覧。
  10. ^ a b c d e f フローラ、71頁。
  11. ^ a b c 世界有用植物事典、29頁。
  12. ^ デザインのための花合わせ実用図鑑、166頁。

参考文献[編集]

  • トニー・ロード他(著)、井口智子(責任翻訳)『フローラ』産調出版、2005年。ISBN 4-88282-405-1。
  • 林弥栄・古里和夫(監修)『原色世界植物大図鑑』北隆館、1986年。
  • 牧野富太郎(原著)、邑田仁・米倉浩司(編)『新分類牧野日本植物図鑑』北隆館、2017年。ISBN 978-4-8326-1051-4。
  • 堀田満(代表編集)『世界有用植物事典』平凡社、1989年。ISBN 4-582-11505-5。
  • 『園芸植物大事典 1』小学館、1988年。ISBN 4-09-305101-1。
  • 『庭の花図鑑500』主婦の友社、2009年。ISBN 978-4-07-266070-6。
  • 『改訂新版 日本の野生植物 4』平凡社、2017年。ISBN 978-4-582-53534-1。
  • 『新装改訂版 デザインのための花合わせ実用図鑑』六燿社、2009年。ISBN 978-4-89737-625-7。
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)