ウクライナワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内 検索
ウクライナの位置。

ウクライナワインは、長い伝統により充分に確立されている。ウクライナ産のいくつかのワイン銘柄は、隣国や欧州連合および北アメリカに輸出される。

歴史[編集]

現在のウクライナに存在するワイン文化は、既に紀元前4世紀のクリミア南岸にあった。ブドウ圧搾機アンフォラがその時期に作られた。一方でウクライナ北部(キエフチェルニーヒウ周辺)のワインブドウ栽培は11世紀に修道士により始まった。

エカチェリーナ2世(1729年 - 1796年)の治世にあった1783年に、クリミアはロシア帝国の一部になった。ミハイル・ボロンツォフ(en:Mikhail Vorontsov)伯爵は、最初のワインブドウ園を1820年ヤルタ近郊で始め、大規模ワイナリーを建設した。ブドウ栽培研究機関のマガラッチ(en:Magarach)は、その後1828年に設立された。

有名な発泡性ワインの創始者はレフ・ゴリツイン(en:Lev Golitsyn)王子である。王子は、クリミア戦争(1854年から1856年)後にヤルタ近郊の所有地ノーヴィ・スヴェット(en:Novyi Svet)で、「ロシアのシャンパーニュ」を初めて製造した。後に、最後のロシア皇帝ニコライ2世(1868年 - 1918年)の治世下、現在マッサンドラ(en:Massandra)にある国営ワイナリーは設立された。

ソビエト連邦の時代、2,500km²のウクライナはソビエト連邦最大のワイン供給国であった。1986年、およそ800km²のワインブドウ園が破壊されるという惨事が起き、それはミハイル・ゴルバチョフがソビエト連邦のアルコール消費制限キャンペーンを開始した当時であった。

2000年以降、ワインの生産だけでなく輸出も急速に増加している。

ブドウ木栽培の主要地域[編集]

ウクライナ全図。黒海アゾフ海に面し、ロシアベラルーシポーランドスロバキアハンガリールーマニアモルドバに隣接する。
ウクライナ周辺の気候。ウクライナ沿岸部はステップ気候、内陸部は温帯林(en:Temperate forest)。

ブドウ品種ごとのワインの特徴[編集]

主要なモノ・セパージュ(単一のブドウ品種で造ったワイン。fr:Mono-cépage)は、アリゴテ(en:Aligoté)、マスカット、イザベラ(en:Isabella)、トラミネール(en:Traminer)、カベルネ・ソーヴィニヨンシャルドネ、フェテアスカ(en:Fetească)、ピノ・ノワール、ピノ・グリ(en:Pinot Gris)、ルカツィテリ(en:Rkatsiteli)。

白ワイン[編集]

  • アリゴテ: オリジナルワイン。色調は、明るい麦わら色から黄金色。洗練されて心地よく、スミレのニュアンスが独特の風味。
  • ピノ・グループ(ピノ・グリ(Pinot gris)とピノ・ブラン): ワインは黄金の色合いと調和の取れた繊細な風味。
  • リースリング: 1年半寝かせた後、特有の新鮮さを保ち、優雅で、華やかな香りがあり、モミ松ヤニの色合いが心地よい。
  • シャルドネ: 色調は明るい黄金色。
  • トラミネール: バラとロサ・カニナの葉の色味が全体を占める。

赤ワイン[編集]

  • カベルネ・ソーヴィニヨン: 赤ワインの王。色は、強烈なダーク・レッド。重厚なボディで黒スグリと黒スグリの葉の香りと味わい。
  • メルロー: スイートチェリーとチェリー、またはチェリーの色調、そのワインは余韻が長い。
  • ピノ・ノワール: 重厚なボディ、油分に富んだワイン。ブレンドワインのベースに使用される。
アルチョーモフスク産の発泡性ワイン。

発泡性ワイン[編集]

ソビエト・シャンパーニュ(en:Sovetskoye Shampanskoye)のような発泡性ワインの生産が増加している。ほとんどの発泡性ワインは、キエフ、アルチョーモフスク(en:Artemivsk)、リヴィウオデッサハルキウといった大都市で造られる。そのほとんどがピノ・ブラン、アリゴテ、リースリング、フェテアスカをベースにしている。

スペシャルワイナリー[編集]

  • ヤルタ近郊のマガラッチ・ワインインスティチュート。3,200種類のブドウ木に起源がある20,000種類のワインサンプルがあるという。
  • マッサンドラ・ワイナリー。

関連項目[編集]