ウクライナ海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウクライナ海軍航空隊の国籍識別標

ウクライナ海軍航空隊(―かいぐんこうくうたい、ウクライナ語:Авіація Військово-Морських Сил Україниアヴィアーツィヤ・ヴィイスィコーヴォ・モルスィクィーフ・スィール・ウクライィーヌィ;略称Авіація ВМС Україниアヴィアーツィヤ・ヴェーエームエース・ウクライィーヌィ)は、ウクライナ海軍所属の航空隊である。ムィコラーイウ州オチャーコフウクライナ語版に司令部が置かれている。

概要[編集]

当初はTu-22M2/3MiG-29なども保有していたがこれらは空軍に移管されている。また、他の固定翼機の多くは空軍と共同の「国際戦闘機パイロット学校」に移管された。2008年3月現在の運用機は、固定翼のAn-2TAn-26Be-12PR回転翼Ka-27PLMi-8MTMi-14PL/PSと見られる。なお、海軍航空隊の保有する1 機の国産機An-2Tは、ウクライナ軍における唯一のAn-2となっている。航空母艦用の艦上練習機Su-25UTH(UTG)についてはロシア海軍との間で半数ずつに分割保有されたが、のちにウクライナ海軍機は1 機を除きロシア海軍に譲渡された。残る1 機については、同じく1 機のみ保有していたSu-33の試作機T-10K-7とともに中華人民共和国へ売却された。T-10K-7は、他のSu-33の試作機がモスクワへ送られた際にウクライナ領内に残されていたもので、ウクライナ海軍は所有はしたものの運用はしなかった。

海軍航空隊の主な運用機(過去のものを含む)[編集]

関連項目[編集]