ウクライナ防空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウクライナ空軍の国籍識別標

ウクライナ防空軍(―ぼうくうぐん、ウクライナ語: Війська протиповітряної оборони(ヴィースィカ・プロトィポヴィートリャーノイィ・オボローヌィ)Війська ППОВППО України(ヴェーペーペーオー・ウクライィーヌィ);VPPO、PPO)は、1991年8月24日ウクライナ独立後の1992年3月17日に創設された同国の空軍組織のひとつである。本部は、首都キエフキエフ・ジュリャーヌィ空港に置かれていた。

概要[編集]

ウクライナ防空軍は、空軍と同様、独立時に現地に置かれていたソ連防空軍の組織と機材をそのまま受け継いだ。しかしながら、当初より戦闘飛行連隊の機材は空軍と共通運用とされた。防空ミサイルは、その後も防空軍で運用されていた。国防軍組織の整理に伴い、2004年には空軍に統合された。

主な運用機材[編集]

地対空ミサイル[編集]

航空機[編集]

空軍との共通運用機[編集]

ウクライナ空軍のSu-15TM迎撃戦闘機(旧防空軍機)

基地[編集]

関連項目[編集]