ウグリチ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウグリチ公国ロシア語: Углицкое княжество)は、ウグリチを首都として成立した分領公国である。

ウグリチ公国は1218年にロストフ公(後にウラジーミル大公コンスタンチンが、ロストフ公国を息子たちに分割相続させたことで成立した。初代のウグリチ公はコンスタンチンの子のウラジーミルであった。

その後、1320年のユーリーの死後、ウグリチ公国はモスクワ公国の支配下に置かれ、モスクワ公家のうち年少の人物が同国を管理するようになった。モスクワの管轄下でウグリチ公国は存続し続け、リトアニア大公国の拡張とモスクワ大公国(後にロシア・ツァーリ国)の中央集権化の中で消滅していくルーシの諸公国の中で、もっとも最後まで存続した公国となった。その統治者であるウグリチ公は総勢23名に上った[1][2]

出典[編集]

  1. ^ Углич // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  2. ^ Лавров Н. Ф. Путеводитель по церквам г. Углич. — Ярославль. — 1869.

参考文献[編集]

関連項目[編集]