ウジェニー・ド・ボアルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウジェニー・ド・ボアルネ

ウジェニー・ド・ボアルネフランス語全名:Eugénie Hortense Auguste Napoléone de Beauharnais, 1808年12月22日 - 1847年9月1日)は、ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯コンスタンティンの妃。

イタリア副王ウジェーヌ・ド・ボアルネナポレオン1世の養子、皇后ジョゼフィーヌの連れ子。ナポレオン失脚後はロイヒテンベルク公)とその妃アウグステの次女として、ミラノで生まれた。

1826年、コンスタンティンと結婚した。夫婦で鹿狩りを楽しむなど夫婦仲は良好であったが、子供に恵まれなかった。叔母オルタンス・ド・ボアルネや従弟ルイ・ナポレオン(のちのナポレオン3世)との交流があった。

1846年、肺結核を患い、1847年に死去した。遺言により27万3千ギルダーが慈善に寄贈された。

1850年、コンスタンティンはアマーリエ・フォン・ゲイヤーンと貴賤結婚した。しかしアマーリエとの間にも子供をなすことなく、1869年にコンスタンティンが死去すると、ホーエンツォレルン家支流として続いたホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯家は断絶した。