ウジェーヌ1世・ド・リーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リーニュ公ウジェーヌ1世の胸像

ウジェーヌ1世・フランソワ・シャルル・ラモラル・ド・リーニュEugène Ier François Charles Lamoral, 8e prince de Ligne, 1804年1月28日 ブリュッセル - 1880年3月20日 ベルイユ英語版)は、ベルギーの貴族、外交官、政治家。第8代リーニュ公、アンブリス公及びエピノワ公。スペインのグランデ

リーニュ公世子ルイ・ウジェーヌ(1766年 - 1813年)とその妻の伯爵令嬢ルイーズ・ヴァン・デル・ヌート・ド・デュラ(1785年 - 1863年)の間の長男として生まれた。1813年に父が、翌1814年祖父シャルル・ジョゼフが相次いで世を去ったため、10歳でリーニュ公家の家督を継いだ。1830年のベルギー独立革命では新生国家ベルギーの国王候補の1人に推されるが、辞退した。1837年、ベルギー王レオポルド1世の名代として、レオポルドの姪ヴィクトリアのイギリス女王戴冠式に出席。1842年から1848年まで、在仏ベルギー全権公使としてパリに赴任する。1851年に上院議員となり、翌1852年から1879年まで長く上院議長を務めた。1879年、当時のベルギー政府の自由主義政策に反発し上院議長を辞職、翌年死去した。

子女[編集]

生涯に3度結婚した。1823年5月12日、ノール県ルー英語版にて、ダルマンティエール侯爵シャルル・ルイ・ガブリエル・ド・コンフランフランス語版の一人娘アメリー・コンスタンス・メラニー・ド・コンフラン(1802年 - 1833年)と最初の結婚をする。メラニーとの間に2人の息子をもうけた。

  • アンリ・マクシミリアン・ジョゼフ・シャルル・ルイ・ラモラル(1824年 - 1872年) - 1851年伯爵令嬢マルグリット・ド・タレーラン=ペリゴールと結婚、女優サラ・ベルナールとの間に私生児モーリス・ベルナールフランス語版をもうける
    • ルイ・ウジェーヌ・アンリ・マリーフランス語版(1854年 - 1918年) - 第9代リーニュ公、精神疾患となったメキシコ皇后シャルロットの保護監督者
      • マリー=シュザンヌ(1885年 - 1971年) - 1906年、トゥルン・ウント・タクシス侯子アレクサンダーと結婚
    • マリー=メラニー(1855年 - 1931年) - 1875年ボーフォール=スポンタン公爵フレデリック・ジョルジュと結婚
    • エルネスト・アンリ・ルイ・ラモラルフランス語版(1857年 - 1937年) - 第10代リーニュ公
    • ウジェーヌ(1858年 - 1882年)
  • ルイ・マリー・シャルル・ガブリエル・ラモラル(1827年 - 1845年)

1834年7月21日にブリュッセルで、トラズニー侯爵ジョルジュ=フィリップの娘ナタリー・ド・トラズニー(1811年 - 1835年)と2度目の結婚をするが、彼女は第1子となる長女出産直後に急死する。

  • ナタリー・フロール・ジョルジーヌ・ウジェニー(1835年 - 1863年) - 1853年クロイ公ルドルフと結婚、オーストリア大公妃イザベラの母

1836年10月28日にウィーンで、ポーランド人貴族ヘンリク・ルボミルスキ公の娘ヤドヴィガ(エドウィッジ)・ルボミルスカ(1815年 - 1895年)と3度目の結婚をし、間に4人の子をもうけた。

  • シャルル・ジョゼフ・ウジェーヌ・アンリ・ジョルジュ・ラモラル(1837年 - 1914年) - 1876年シャルロット・ド・ゴントー=ビロンと結婚
    • エドウィッジ・マリー・ガブリエル(1877年 - 1938年) - 1897年アーレンベルク公エンゲルベルト・マリアと結婚
    • アンリ・フロラン・ウジェーヌ・フランソワ・ジョゼフ・ラモラル(1881年 - 1967年) - 1910年シャルロット・ド・ラ・トレモイユと結婚、ナポリ王位・エルサレム王位請求権保有者となる
  • エドゥアール・アンリ・オーギュスト・ラモラル(1839年 - 1911年) - 1866年オーガスタ・カニンガムと結婚、1874年ゾルムス=ブラウンフェルス侯女オイラリー[1]と再婚
  • イザベル・エドウィッジ・マティルド・ウジェニー(1840年 - 1858年)
  • マリー・ジョルジーヌ・ソフィー・エドウィッジ・ウジェニー(1843年 - 1898年) - ドゥードヴィル公爵ソステーヌ2世・ド・ラ・ロシュフコーフランス語版と結婚、ウィリアム・アドルフ・ブグローの作品『ヴィーナスの誕生』のモデル

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: De Ligne, Lamoral Fürst. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 3. Theil. Verlag der typogr.-literar.-artist. Anstalt (L. C. Zamarski, C. Dittmarsch & Comp.), Wien 1858, S. 219 f.

脚注[編集]

  1. ^ テキサス州ニューブローンフェルズの開拓指導者であったゾルムス=ブラウンフェルス侯子カールドイツ語版の娘。