ウジュン・クロン国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
世界遺産 ウジュン・クロン
国立公園
インドネシア
ウジュン・クロンの風景
ウジュン・クロンの風景
英名 Ujung Kulon National Park
仏名 Parc national de Ujung Kulon
面積 783.59km2
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II, 一部がIa
登録基準 (7),(10)
登録年 1991年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ウジュン・クロン国立公園の位置
使用方法・表示

ウジュン・クロン国立公園(ウジュン・クロンこくりつこうえん)はインドネシアにある国立公園の一つ。1991年、クラカタウ諸島自然保護区とともにユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。

概要[編集]

ウジュン・クロン国立公園はインドネシア初の国立公園である。気候としては、低地熱帯雨林帯に属し、熱帯性植物が生い茂っている。 公園内には100台近いカメラが設置されている。[1]

また、開発の進むジャワ島において貴重な生物の棲息地帯でもある。絶滅が危惧されているジャワサイバンテン(野生牛)、カニクイザルインドクジャクなどの生息地である。

しかし、ウジュン・クロン国立公園は活火山であるクラカタウ山の危険区域に位置するため、インドネシア政府は同公園からジャワサイを移動させるため、ジャワ島とスマトラ島の他の地域の調査を進めている。[1]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

座標: 南緯6度44分48秒 東経105度20分1秒 / 南緯6.74667度 東経105.33361度 / -6.74667; 105.33361