ウスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウスノキ
Vaccinium hirtum 1.JPG
福島県会津地方 2011年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : スノキ亜科 Vaccinoideae
: スノキ属 Vaccinium
: ウスノキ V. hirtum
学名
Vaccinium hirtum Thunb.(広義)
シノニム

本文記載

和名
ウスノキ(臼の木)

ウスノキ(臼の木、学名:Vaccinium hirtum(広義))はツツジ科スノキ属落葉低木

特徴[編集]

樹高は0.5-1mになる。若いは緑色になり、稜があって、2列に並んだ短毛が生える。葉柄は長さ0.5-1mmになり、軟毛が密に生える。は互生し、葉身は長楕円形から楕円形で、長さ2-5cm、幅0.7-2.5cmになり、先端は鋭くとがり、基部は鋭形になる。葉の表面は無毛か、ときに毛が散生し、裏面は主脈の両側に短い軟毛が密生するか、または毛が生えないものもある。葉の縁に鉤状の細鋸歯がある。

花期は4-5月。前年の枝先の花芽から1-2個のを下向きにつける。花柄は長さ3-6mmになり、短毛が散生するかときに無毛、花柄の下部に膜質の包葉があるが、早く落ちる。萼筒は広鐘形で、5稜があり、先端は広がって5裂し、裂片は広3角形となり、先はとがる。花冠は黄緑色で赤みを帯び、長さ6-7mmあり、鐘形で、先端は浅く5裂し、先は反曲する。雄蕊は10本ある。果実は径7-8mmの5稜ある卵状球形の液果で、7-9月に赤色に熟し、やや5角に角ばる。果実は食用になる。

和名の由来は、果実の先端がのようにへこむことによる。

分布と生育環境[編集]

北海道、本州の日本海側、四国の中北部、九州の北部に分布し、山地の日当たりの良い岩場に生育する。

シノニム[編集]

  • Vaccinium buergeri Miq.
  • Vaccinium usunoki Nakai

下位分類[編集]

  • ウスノキ Vaccinium hirtum Thunb. var. pubescens (Koidz.) T.Yamaz.(狭義)
  • コウスノキ Vaccinium hirtum Thunb. var. hirtum -葉が小さく、本州の太平洋側、四国の東部・南部に分布する。
  • ツクシウスノキ Vaccinium hirtum Thunb. var. kiusianum (Koidz.) H.Hara -葉が小さく、九州北部の九重山阿蘇山英彦山に分布する。
  • チョウセンスノキ Vaccinium hirtum Thunb. var. koreanum (Nakai) Kitam.

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]