ウズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウズラ
ウズラ
ウズラ Coturnix japonica
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: ウズラ属 Coturnix
: ウズラ C. japonica
学名
Coturnix japonica
Temminck & Schlegel, 1849[1][2]
和名
ウズラ[2][3][4][5]
英名
Japanese quail[1][2][4][5]

ウズラ(鶉[6]Coturnix japonica)は、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類

分布[編集]

インド北東部、タイ王国大韓民国中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国日本ブータンベトナムミャンマーモンゴル国ラオスロシア東部に分布する[1]

日本(主に本州中部以北)、モンゴル、朝鮮半島、シベリア南部、中華人民共和国北東部などで繁殖し、冬季になると日本(本州中部以南)、中華人民共和国南部、東南アジアなどへ南下し越冬する[7]。日本国内の標識調査の例では、北海道・青森県で繁殖した個体は主に関東地方東海地方紀伊半島四国などの太平洋岸で越冬し、九州で越冬する個体は主に朝鮮半島で繁殖した個体とされる(朝鮮半島で繁殖して四国・山陽地方・東海地方へ飛来する個体もいる)[3]

形態[編集]

全長20センチメートル[2][4]。翼長9.1-10.4センチメートル[7]。上面の羽衣は淡褐色[7]

繁殖期のオスは顔や喉[2]、体側面の羽衣が赤褐色[7]。希に全体が白色羽毛で散在的に野性型羽毛をもつ個体が生じるが、劣性遺伝により発現するとされている[8]

分類[編集]

以前は旧ウズラCoturnix coturnix(現ヨーロッパウズラ)の亜種とされていたが、独立種として分割された[3][7]

生態[編集]

通常のウズラの卵と白色のウズラの卵
孵化直後のウズラ
孵化後1週のウズラ(左の寝ている個体)と孵化後3週のヒメウズラ(右)の成長の違い
成鳥のウズラ。手前がオスで奥がメス

低地にある草原農耕地などに生息する[2]。秋季から冬季にかけて5 - 50羽の小規模から中規模の群れを形成することもある[3]。和名は「蹲る(うずくまる)」「埋る(うずる)」のウズに接尾語「ら」を付け加えたものとする説がある[6]

種子昆虫などを食べる[3]

繁殖様式は卵生。配偶様式は一夫一妻だが[3]、一夫多妻の例もある[4]。繁殖期は5 - 9月[2][3]。植物の根元や地面の窪みに枯れ草を敷いた巣を作る[3][4]。7 - 12個のを産むが[2][4]、18個の卵を産んだ例もある[3]。抱卵期間は16 - 21日で[2]、メスのみが抱卵する[3][4]孵化してから20日で飛翔できるようになり、1 - 2か月で独立する[4]。生後1年以内に成熟する[4]

孵化後6週令で産卵を開始する[9]。卵には通常黒い斑点があるが、希に白色の卵も産む。

  • 雌の平均寿命は2年に満たない586日から694日、最高寿命1690日[10]
  • 産卵率 280日齢で80-90%
  • 生涯産卵数 342 - 384個

ウズラの卵殼表面には褐色のまだら模様があるが、これは卵を外敵から守るカモフラージュの効果がある。模様は卵を作る器官に由来し、個体差があるものの個体ごとに決まった模様がつくことから、1羽のメスが産む卵は同じ様な模様をしている[11][12][13]。この模様の元となる色素は産卵開始時刻の約3時間前から分泌が始まり、子宮壁の伸縮、卵の回転に伴い卵殼表面に拡がり斑紋を形成するとする研究がある[14]。稀に模様のない白い卵を産むこともある。

人間との関係[編集]

本来は野生種であるが、世界中で観賞用として、または食用として繁殖・飼育されてきた、身近な鳥である。日本語には「鶉衣」「鶉居」「鶉杢」「鶉立」などの、鶉に関する言葉がある。

日本における食用史[編集]

「鶉といえば、今はもっぱら焼鳥などにして食べるものだ。またウズラの卵も食べている。だが私たちの口にはいるものは、おおかた養殖のウズラである。自然にウズラの姿を見、ウズラの声をきくことは、非常に少なくなった。」 - 山本健吉

食用としての歴史について、日本では平安時代に本種の調理法について記した書物がある[3]明治時代中期から採卵用の飼養が本格的に進められるようになり、1941年には飼養数は約2,000,000羽に達した[3][5]。当時は本種の卵が肺病や心臓病の薬になると信じられ珍重されたが、販売経路が限られることや原価が高いことから下火となった[3]第二次世界大戦により本種の飼養は壊滅的な状況に陥ったものの[3]、1965年に飼養数が再び約2,000,000羽まで増加した[5]1970年代以降は主に愛知県(日本の飼養数のうち約65 %を占める)、中でも豊橋市を中心に養殖がおこなわれている[3][5]。1984年に約8,500,000羽とピークを迎えたが、2009年に豊橋市で鳥インフルエンザが確認されたことにより約1,600,000羽が殺処分された[5]。調理法として水炊き焼き鳥肉団子などがあり、雑煮出汁に用いられることもある[3]。生後60日ほどで成熟し、オスは精肉用、メスは採卵用となる。

日本における狩猟[編集]

狩猟の対象とされることもある[3]。日本では1975年から鳥獣保護法における狩猟鳥獣だったが、1975年から2004年現在までは1日あたり1人5羽までの狩猟制限があった[3]1989年に石川県と岩手県、2002年に京都府で本種の狩猟が禁止された[3]。生息数が減少したため2007年から2012年までは全国で一時的な捕獲禁止措置が実施され、後にこの捕獲禁止措置は2017年まで延長された[15]2013年に狩猟鳥獣(同時に狩猟鳥獣としての一時的捕獲禁止措置も解除)から除外されたことにより、日本で本種を狩猟することは違法となった[15]

日本では、草地開発や河川敷の樹林化・レクリーエション利用などにより生息数は減少している[2]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[2]

Status jenv VU.svg

日本における観賞用[編集]

ペットとしての飼育も古く遡ることができる。日本では室町時代にはを用いて本種を飼育されていたとされ[5]、『言継卿記』に記述がある[3]。鳴き声を日本語に置き換えた表現(聞きなし)として「御吉兆」などがあり、珍重されたとされる[3]。その吉兆の声で士気を高めるため、籠に入れた飼育状態のまま、戦場に持ち込まれたこともあった。江戸時代には武士の間で鳴き声を競い合う「鶉合わせ」が行われ、特に都市部では飼育がブームとなり、慶長から寛永をピークに大正時代まで行われた[3]。財産のある武士や商人は良き鶉を高値で売買し、飼育の籠に金銀螺鈿蒔絵細工を施し、高価な木材と高度な技術を追求したような贅沢な逸品を競い求めた。鶉合わせには多数の庶民も見物に集まり、関脇・大関などいわゆる『番付表』によるランキングも発表された。これにより飼育ブームはますます過熱し贅沢も追及され、幕府による取締りも行われた。

「向きあふて 鳴くや鶉の 籠二つ」 - 正岡子規

この飼育ブームに関して、宇野信夫の作で六代目三遊亭圓生の落語に「鶉衣」という噺がある。また、前述の鶉籠の形状が、当時の歌舞伎の客席の桟敷に似ていたため、桟敷席の事を「鶉籠」「鶉」と呼んだ[16]

芸術の題材[編集]

「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里」 - 藤原俊成[17]

「鶉鳴く真野の入江の浜風に尾花なみよる秋の夕暮」 - 源俊頼[18]

など、古くからに詠まれ、『古事記』『万葉集』『千載和歌集』また『伊勢物語』などにも本種のことを詠んだ歌がある[3]。「鶉鳴く」は「古りにし里」にかかる枕詞である。和歌や俳句の世界では和歌では、秋の、または寂れ廃れた「寂しい」景物として詠まれる。江戸時代の俳文集に横井也有の『鶉衣』がある。

「後に鳴き 又先に鳴き 鶉かな」 - 夏目漱石

中国では宋や元の時代に鶉図が画題として現れ、それらが日本に輸入された結果、本邦の工芸品や絵画の画題にも深く影響を与えた。元は足利義政所蔵(東山御物)で現在は国宝の『鶉図』[19]が有名である。これに影響を受けた本邦では、特に秋を表わすものとして鶉は格好の画題となった。室町時代に絵所預として栄えた大和絵土佐派は、安土桃山時代に一旦没落するが、土佐光起が中興した。この光起は前述の『鶉図』に影響を受け、江戸時代を通して代々の土佐派の画家は鶉絵を得意とした。土佐派の鶉絵は江戸武士の間での鶉飼育ブームに需要が合致し、土佐派の鶉絵は珍重された。光起の描いた鶉の絵に、猫が飛びかかったという伝承が残る[20]。陶磁器の文様としては古九谷様式や柿右衛門様式に鶉を題材としたものが多く残る。

現代におけるウズラの飼育[編集]

小型で飼育スペースを取らないこと、世代交代が早い事から実験動物として用いられることもある[3][5]。ただし鳴き声は結構な大きさであるため、現代の民間の住宅事情で飼育するには鶏同様、近隣住民への配慮が必要である。

飼育場で飼育されるのはメスだけだが、たまに選別漏れでオスが混じる場合がある。そのため、市販されているウズラの卵には数%の確率で有精卵が混じっており、孵卵器に入れればヒナが孵化する場合がある[21]

特記事項[編集]

近親交配による退行が発現しやすく、3世代で系統の維持が困難になり、5世代を経ると次の世代の作出が困難になったとする研究がある[22]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d BirdLife International. 2016. Coturnix japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22678949A95209097. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22678949A95209097.en. Downloaded on 18 June 2018.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 藤巻裕蔵 「ウズラ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、160-161頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 奥山正樹 「狩猟鳥ウズラ Coturnix japonica の現状」『山階鳥類学雑誌』第35巻 2号、山階鳥類研究所、2004年、189-202頁, doi:10.3312/jyio.35.189
  4. ^ a b c d e f g h i 竹下信雄 「ウズラ」『動物大百科 7 鳥類I』黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編、平凡社、1986年、184頁。
  5. ^ a b c d e f g h 都筑政起 「生物材料インデックス ウズラ(Japanese quail, Coturnix japonica」『生物工学』第91巻 2号、日本生物工学会、2013年、110-113頁。
  6. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、52頁。
  7. ^ a b c d e 黒田長久・小宮輝之 「キジ亜科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1987年、66-126頁。
  8. ^ 水谷誠ほか、ニホンウズラの新しい羽装パンダ (panda) についての遺伝子分析 実験動物 1974年 23巻 2号 p.59-61, doi:10.1538/expanim1957.23.2_59
  9. ^ 鳥類の遺伝的多様性の調査研究、ならびに有用遺伝資源の発掘とその応用 名古屋大学 動物遺伝制御学研究室
  10. ^ うずらの生態及び飼養等に関する情報について 農林水産省 (PDF)
  11. ^ うずらの卵”. 東海有機株式会社. 2015年8月24日閲覧。
  12. ^ 東海農政局/卵肉用鶉”. 農林水産省. 2015年8月24日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ ウズラは、自分の卵の模様に合わせて産卵場所を選ぶ”. Nature. 2015年8月24日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 田中耕作、今井 達夫、古賀脩、日本うずらの卵殼表面における色素沈着過程について 日本家禽学会誌 Vol.14 (1977) No.5 P229-231
  15. ^ a b 狩猟鳥獣を定めること及び対象狩猟鳥獣の捕獲等の禁止又は 制限を定めることについてウズラに係る狩猟鳥獣の指定の解除について環境庁・2017年12月30日に利用)
  16. ^ 夏目漱石吾輩は猫である』など
  17. ^ 千載和歌集
  18. ^ 金葉集
  19. ^ 根津美術館
  20. ^ 『梅窓筆記』
  21. ^ スーパーのうずら卵からひな鳥ピヨピヨ! - 孵化実験のレポート記事、デイリーポータルZ、2009年2月19日
  22. ^ 佐藤勝紀ほか、近親交配が日本ウズラの体重、性成熟日齢、卵重に及ぼす影響 岡山大学農学部学術報告 61, 25-32, 1983-0

関連項目[編集]