ウチのガヤがすみません!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウチのガヤがすみません!
ジャンル バラエティ番組
構成 石原健次
林龍雄
永井ふわふわ 他
演出 宮森宏樹 / 栗原利典(ザ・ワークス)、大場剛(極東電視台)、今村光宏(シオプロ)CD
出演者 ヒロミ
後藤輝基フットボールアワー
ほか
ナレーター バッキー木場
製作
プロデューサー 前田直彦、川口信洋
原司(CP)
制作 日本テレビ
放送
映像形式文字多重放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2017年4月4日 - 2021年9月(予定)
放送時間火曜日 23:59 - 翌0:54
放送枠プラチナイト
放送分55分
公式サイト
特番時代
放送期間2015年6月7日 - 2017年1月15日
放送時間別項
放送分60分→55分
回数4
テンプレートを表示

ウチのガヤがすみません!』は、日本テレビ系列2017年4月4日より『プラチナイト』火曜版にてレギュラー放送されているバラエティ番組である[1]。過去に4回単発放送されていた。

概要[編集]

シェアハウスゲストハウス)風のスタジオに大勢のガヤ芸人が集合し、訪れるゲストをおもてなしするという内容である。

基本的には、ピン芸人漫才コントを中心に50人程度[2]のガヤ芸人がシェア(ゲスト)ハウスに集まるが、特別篇などでは100人、またはそれを超える[3]メンバーがシェア(ゲスト)ハウスを占拠する。このシェア(ゲスト)ハウスに集ったガヤ芸人が自らゲストについて調査し、ゲストのテンションが上がるトークテーマを用意してプレゼンする。特技や一発芸を持った芸人、ものまね芸人が目立ちやすい傾向があり、チョコレートプラネットMr.シャチホコりんごちゃんフワちゃんなどのブレイクのきっかけを作った。

2021年現在、ガヤ芸人の最多は木梨憲武とんねるず)ゲスト回で169名。ゲストで最多は男性がジャニーズ事務所の56人(引退・退所済みのメンバーも含む)、女性が乃木坂46の28人[4]日向坂46の22人。

2020年春以降は新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で一度に出演するガヤ芸人も少なくなり、スタジオではバラバラに配置されている。

番組の終焉へ[編集]

2021年6月24日掲載の日刊大衆7月12日掲載のデイリー新潮の記事を通じて、当番組の9月いっぱいでの打ち切りが決定したことが明らかになった[5][6]。デイリー新潮の記事では、日テレ関係者の話を基に「新型コロナによる緊急事態宣言が解除されたとはいえ、現在はまた発令されており、コロナ禍はまだしばらく続く。いつまた宣言が発出されるかも分からない。これ以上続けるのは難しい」という状況にあることを指摘。さらに、日刊大衆の記事では後番組として、King & PrinceがMCの『King & Princeる。』で調整が進められていると紹介したが、7月20日掲載の記事では『King & Princeる。』のレギュラー化がここにきて消滅し、後番組には『超無敵クラス』で調整が進められていると紹介した[7]。なお、上記の報道に対して、当番組や日本テレビでは正式なコメントやアナウンスを出していない。

出演者[編集]

MC[編集]

レギュラーガヤ芸人[編集]

ガヤ芸人[編集]

ガヤアイドル、ガヤモデル(ゲスト)は太字。ガヤアナウンサーは局も表記。ものまねガヤ芸人は〈〉内にレパートリーも表記。改名したガヤ芸人は改名後の名前で表記。

主なコーナー[編集]

ガヤチャレンジ[編集]

放送リスト[編集]

単発・スペシャル放送[編集]

放送日 曜日 放送時間 ゲスト 備考
第1回 2015年6月7日 日曜日 13:15 - 14:15 テリー伊藤中田有紀伊藤綾子神田愛花 関東ローカル
第2回 2015年12月13日 23:05 - 翌0:00 土屋太鳳ホラン千秋佐藤栞里藤田ニコル 全国ネット
第3回 2016年9月18日 23:00 - 23:55 TAKAHIRO広瀬すず
第4回 2017年1月15日 22:30 - 23:25 綾野剛きゃりーぱみゅぱみゅ
第5回 2017年6月6日 火曜日 21:00 - 22:54 芦田愛菜新井浩文川栄李奈滝沢秀明萬田久子
第6回 2018年7月3日 19:00 - 20:54 波瑠伊勢谷友介浅野忠信羽鳥慎一、滝沢カレン、SixTONESSnow ManTravis Japan馬場ももこ ほか
第7回 2019年7月2日 21:00 - 22:54 菅田将暉櫻井翔)、藤原竜也武田真治大友康平(サプライズゲスト)
第8回 2019年12月21日 土曜日 21:20 - 23:00 木梨憲武(とんねるず)、桐谷美玲、桝太一[注 21]徳島えりか[注 21]尾崎里紗[注 21]市來玲奈[注 21]岩田絵里奈[注 21]弘竜太郎[注 21]大町怜央[注 21]河出奈都美[注 21]杉原凜[注 21]
第9回 2020年3月24日 火曜日 21:00 - 22:54 水川あさみ向井理広瀬すず吉沢亮本田紗来平野紫耀King&Prince
第10回 2020年8月4日 賀来賢人伊藤健太郎磯村勇斗加藤浩次水卜麻美[注 21]近藤春菜ハリセンボン)、観月ありさ
第11回 2021年2月16日 北川景子中村倫也サンドウィッチマンCreepy Nuts森七菜
  • 第2回から第4回までは『日曜ドラマ』の改編期休止代替特番として放送。
  • 第8回は『エンタの神様&ウチのガヤがすみません!年末は爆笑パーティーで盛り上がろSP』2部として放送。  
  • 第6回のSnow Manは結成当初からの6人、Travis Japanは2017年11月18日からの現行メンバー7人。

レギュラー版[編集]

ネット局[編集]

「ウチのガヤがすみません!」ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 火曜 23:59 - 翌0:54 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[9]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) [注 31]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[注 32]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注 32]
[注 33]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ (OTV) フジテレビ系列 金曜 0:30 - 1:25
(木曜深夜)
系列外遅れネット


ネット配信
『ウチのガヤがすみません!』配信サイト一覧
配信元 更新日時 備考
TVer 水曜日 0:54 更新 最新話限定で無料配信
hulu 更新時間未定 有料会員は全話見放題
  • 但し、放送リストの備考欄に掲載されている一部の回に於いては、ネット配信を見送られている。

スタッフ[編集]

※=レギュラー版から

  • 演出:宮森宏樹(※、2018年12月11日 -)
  • ナレーション:バッキー木場【毎週】、山田愛実(TEAM BANANA)、武藤香奈【不定期】
  • 構成:石原健次林龍雄、永井ふわふわ、谷口マサヒト(谷口→※)、安部裕之(安部→※、2017年6月6日 - )
  • TM:望月達史(第3回までと※、2018年6月5日 - )
  • SW:荻野高康(※)、蔦佳樹(第1,4回)【週替り】
  • CAM:大庭茂嗣、髙木亮(※)【週替り】
  • MIX:村瀬修一(※)、白水英国(第1,2,4回-)【週替り】
  • VE:鬼頭知佐
  • 照明:粂野高央、小笠原雅登(共に※)【週替り】
  • 美術プロデューサー:稲本浩
  • デザイン:平岡真穂
  • 美術協力:日テレアート
  • イラスト(※):津島美樹、須藤えりか
  • CG(※):森三平
  • 大道具:紫藤翼(※)
  • 小道具:大久保俊彦(※)
  • 電飾:生出華江(※)
  • メイク:小室あい(※)
  • 技術協力:NiTRO日放
  • 編集:加納敏行(イカロス
  • MA:山本宗太(イカロス、※)
  • 音効:小田切暁
  • リサーチ(※):池田恵、岩井紗世子(共に※、2019年5月14日-)
  • TK:桜井えみこ
  • デスク:本郷直
  • AP:田中千賀子、古庄裕、坂田景子、東野真有(全員→※)
  • AD:袖山淳、前上門周汰、吉田弘一、片岡明日香、根本裕紀、菅瑠梨、内菌清志、瀧田水紀、小川裕香里(クリエイターズボックス)、鈴木あかね、小林早希、山村美樹、長谷川鈴佳、山田恭平(全員→※)【週替り】
  • ディレクター:尾越功(ハンター)、宮原健(ZION)、大納啓太(以前はAD)、山本恭彦、本河隆志・川口順也・大谷俊介(ザ・ワークス)、小澤博之(チーフディレクターの回あり)、渡辺伸、松本恭誠、財津猛(一時離脱→復帰)、北條学(極東電視台)、植木光雄(第2,4回と※)、濱本美香、廣田彰大【週替り】(松本→以前はAD、大納・本河~北條・濱本→※、濱本・廣田→一時離脱→復帰)
  • チーフディレクター:小林淳一(第1,4回と※、えすと)、大場剛(極東電視台、※)、今村光宏(シオプロ)、栗原利典(ザ・ワークス、※)【毎週】、宮本将孝(極東電視台、※)【週替り】
  • プロデューサー:前田直彦(※、2020年10月6日 - )、川口信洋(※、2021年6月1日 - )、阿河朋子(えすと)、山谷紅葉(※、以前はAP)、加藤正和(極東電視台、第3,4回 - )、三浦佳憲(ZION)、久田誠司(※)、山本玲子(ザ・ワークス、※)
  • チーフプロデューサー:原司(※、2021年6月1日 - )
  • 制作協力:えすと極東電視台(極東→第3,4回)、ZIONTHE WORKS(THE→※)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 企画:上田崇博(2018年5月29日までは演出兼務)
  • 演出:福田逸平太(※、2018年6月5日 - 12月4日、以前は演出→企画兼任)
  • ナレーション:服部潤(第1回のみ)、岩田絵里奈(日本テレビアナウンサー)、山田みほ町田浩徳佐藤義朗・河出奈都美(日本テレビアナウンサー)(岩田以降→※)
  • 構成:細井新(第1回のみ)、飯塚大悟(第4回まで)
  • TM:木村博靖
  • SW:望月達史(第3回まで)、鎌倉和由(※)
  • CAM:中村哲也、岩倉康宏、池田亮(全員→※)
  • MIX:太田黒健至(第3回)、五十嵐愛(※)
  • VE:斎藤孝行(第3回までと※)、飯島友美、塩原和益、岩原正明、古手川大、石山実、向山江梨佳、宮崎要裕、山口考志(飯島以降→※、山口→第4回)、石野太一
  • 照明:青山桃子(第1,2回)、下平好実(第4回)、千葉雄、小川勉、小林勉(千葉~小林→※)、加藤恵介(第3回と※)、名取孝昌(※)
  • 大道具:小笠原憲仁(第1回)、赤木直樹(第2回)、才原裕二(第3,4回)
  • 小道具:高橋吉彦、辻光久(辻→※)
  • 電飾:尾島香奈(第1回)、福地風花(第2回)、鈴木雄蒔(第3回)、飯塚奈美(第4回)
  • メイク:奥松かつら(第3回まで)、スタジオまむ(第4回)
  • MA:飯塚雄一(第4回まで)、島崎敏晴・梶山恭一(イカロス、※)
  • TK:奈良里美(第1回)
  • リサーチ:菅原秀典(第2回まで)、大森智仁、岡田聡一郎(大森・岡田→※)
  • フロア(第3回まで):双津大地郎(第3回まで)
  • AP:山岡恭典(第2,3回)、小暮美帆(第3回)、林貴恵、栗林翔子(林・栗林→第4回と※)、渡辺紘子、竹部歩美、阿部理江、上岡恵莉華、市川舞子、山口葉月(以前はAD)、岡村美波(渡辺・竹部・阿部以降→※)
  • AD:吉田香里奈、野口眞嗣、山口慶太郎(吉田〜山口慶→第1回)、長沼秀幸、山口智教(長沼・山口→第2回)、長谷川智也(長谷川→第2,3回)、高島伸昌、片岩和紀(高島以降→第3回)、大木奈菜、尾鷲裕介、石川正人、葛原義徳、西村翼(第4回)、永井純平(第3,4回と※)、小林祐一(第2,3回と※)、畠健太郎、嶋田莉乃、岸秀憲、川井梨央、北田千佳、佐々木華愛、湯谷彰人、内田侑希、新西加奈、休場遼、森本実緒、佐久間あかね、安田真之、市川凌雅、藤井里帆、岡本真樹、田中麻梨紗、吉田明希、石川由佳、村山慧、比嘉絵理香、中村恭子、藤巻春咲、内山智紘、佐藤藍子(畠以降→※)
  • ディレクター:岡田直也(第1,4回)、成田真司(第2回)、緑川大介、國枝正樹(全員→第3回)、遠藤貴士(第3回と※、Generation)、高橋久直(第3,4回、極東電視台)、東海林明、藤巻聖、田村育(シオプロ)、藤原将人、安田大(太)地、有働可奈子、我妻哲也・千葉博史・菊池友加里(極東電視台、我妻・千葉→チーフディレクターの回あり)、栁川雄洋(以前はAD)、坂谷侑子、西岡伊吹、新目美菜海、錦織信彦(錦織→以前はチーフディレクター)、越山理志、齋藤郁恵(第1,2,4回、えすと)、渕聡、櫛田健太郎、井野場太一(以前はAD→一時離脱→復帰)(東海林~菊地・坂谷~新目・越山・渕・櫛田以降→※)
  • 演出:奥村竜(第2,3回と※、えすと)
  • チーフディレクター:福元洋之(※)
  • プロデューサー:滝澤真一郎、小江翼、八重沢亮(小江・八重沢→※、2019年12月17日 - 2021年5月25日)、森川高行(森川→第2回、第1回はAP、ZION)、牛山亜紀子(2019年6月4日 -、極東電視台)、山川好美(ZION、第3,4回 - )、日下潤(第4回 - 、第1,3回はAP、えすと)
  • チーフプロデューサー:糸井聖ー、東井文太(東井→※、2018年6月5日 - 2021年5月25日)

エンディングテーマ[編集]

2017年

2018年

2019年

  • 1月:MidnightParty / 松下優也(XVISION)
  • 2月:ありがとう~100万回の約束~ / カラフルパレット(CIMS Music Entertainment)
  • 3月:ひとりの春 / 高高-takataka-(ヴィレッジアゲインアソシエイション)
  • 4月:TROUBLE / EXIDBANANA Culture
  • 5月:パラノーマルワンダーワールド / go!go!vanillas(Getting Better Records)
  • 6月:GONNA DO!! / SAYbe.(ZEAL ENTERTAINMENT)
  • 7月:Plan A/B / Double Ace(日本コロムビア)
  • 8月:Twilight / ONEUS(キッス・エンタテインメント)
  • 9月:This Is LOVESONG / IRabBits(blowgrow inc.)
  • 10月:プルシアンブルー / ももすももす(日本コロムビア)
  • 11月:Cassette / Funky Galaxy(Sony Music)
  • 12月:MISCHIEF / #HASHTAG(FORM JAPAN RECORDS)

2020年

2021年

  • 1月:俺たちはっぴー野郎 / micc.(colorfulls.inc)
  • 2月:C’mon! Mirai ! ! / First Fl∞r(ForeProduction)
  • 3月:Shall We Dance!!!/ スカイピース(ソニー・ミュージックレーベルズ)
  • 4月:桜の樹の下で / ISuper Break Dawn(Raise Your Music)
  • 5月:Message! / Gran☆CielArc Jewel
  • 6月:SUPER HERO / AXXXX1S(rock field)
  • 7月:Joker & Joker / fuzzy knot(MAVERICK)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年9月に解散。
  2. ^ 2019年10月に解散。
  3. ^ 2019年3月に退社。
  4. ^ 2019年6月に解散。
  5. ^ 市川義一のみの出演が多い。
  6. ^ 反社会的勢力との闇営業問題が発覚し、2019年6月24日に吉本興業から謹慎処分が発表され出演自粛していたが、8月19日に復帰する。
  7. ^ 2017年8月に解散。
  8. ^ 2019年に解散。
  9. ^ 2020年10月に卒業。
  10. ^ 唯一のいとこ関係のコンビ。
  11. ^ 2019年6月24日に、一連の闇営業問題で「当面の間、謹慎処分とする」とし、同年6月27日に無期限謹慎処分となったことが発表され出演自粛していたが、8月19日に復帰。
  12. ^ 2021年3月に解散。
  13. ^ 2019年2月5日の放送中に解散することを発表、以後は南川のみピン芸人「みなみかわ」として出演。
  14. ^ 2020年3月に解散。
  15. ^ 2019年4月に解散。
  16. ^ 2019年12月に解散。
  17. ^ 2019年3月に解散。
  18. ^ 2018年10月を以って所属事務所の契約を解除し、芸人を引退。
  19. ^ 2021年4月にコンビ名「コットン」に改名。
  20. ^ 闇営業問題で、2019年6月24日に吉本興業から謹慎処分が発表されたので、8月19日に復帰するまでは出演していない。
  21. ^ a b c d e f g h i j 日本テレビアナウンサー。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l 直前の『NEWS ZERO→news zero』が0:09まで拡大のため、水曜になってからの放送となった。
  23. ^ グラチャンバレー2017女子・日本韓国』の中継が21:39まで延長されたため、水曜になってからの放送となった。
  24. ^ AKBINGO!』とのコラボ企画で篠田が嘗て所属していたAKB48の現役メンバーとガヤ芸人によるおもてなし対決が行われた。
  25. ^ 大園は番組途中から、新内・中田はガヤ枠、西野七瀬高山一実はVTRでの出演。
  26. ^ 19:20 - 21:24に『サッカー・キリンチャレンジカップ2018「日本代表xコスタリカ代表」』(19:00 - 19:20に『サッカー キリンチャレンジカップ2018』も別途放送)のため、水曜になってからの放送となった。
  27. ^ 前夜の『news zero拡大版 歴史的「改元」生中継SP〜zeroから考える新時代〜』(第1部…23:00 - 翌0:00・第2部…翌0:00 - 0:59、番組全体で通常より1時間後拡大)を放送したため、令和時代かつ水曜になってから放送。またこの回は「令和記念スペシャル」と銘打って放送され、冒頭では後藤が「当番組が日本テレビにおける令和改元後初のレギュラー番組である」旨を説明していた。
  28. ^ 前夜の『SMBC日本シリーズ2019 第3戦』の中継が22:04まで延長したため、水曜になってからの放送となった。
  29. ^ 直前の『News zero』が0:04まで拡大のため、水曜になってからの放送となった。
  30. ^ 19:40 - 22:45に『2020年東京オリンピック サッカー準決勝「日本代表×スペイン代表」』のため、水曜になってからの放送となった。
  31. ^ 2019年3月26日までは当該時間帯に自社制作番組のタカアンドトシMC番組(『採用!フリップNEWS』・『この人に逢わせて喜ばせたい!逢喜利』、火曜23:59 - 翌0:29)と『太田上田』(翌0:29 - 0:54)に差し替えのため、1時間繰り下げで遅れネットとしていた。前者の終了と後者の30分繰り下げにより、2019年4月2日からは同時ネットとなった。
  32. ^ a b フジテレビの編成上によっては時差放送になる場合がある。
  33. ^ NNS非加盟。

出典[編集]

日本テレビ系列 プラチナイト火曜版
前番組 番組名 次番組
今夜くらべてみました
【水曜21:00 - 21:54に枠移動・縮小】
ウチのガヤがすみません!
超無敵クラス(予定)
日本テレビ 火曜23:59 - 翌0:54枠
今夜くらべてみました
【水曜21:00 - 21:54に枠移動・縮小】
ウチのガヤがすみません!
超無敵クラス(予定)