ウッジャイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウッジャイン

उज्जैन
街の様子
街の様子
インドの旗 インド
人口
(2011)[1]
 • 合計 515,215人
ウェブサイト http://ujjain.nic.in/

ウッジャインヒンディー語:उज्जैन、英語:Ujjayin)は、インドマディヤ・プラデーシュ州、ウッジャイン県の都市。ウッジャイニー(Ujjayini)とも呼ばれる。 ヒンドゥー教の聖地でもあり、クンブ・メーラ開催地のひとつである。

この都市は、サンスクリットでUjjayani、パーリ語でUjjeniである。

歴史[編集]

前6世紀、十六大国の一つアヴァンティの首都であった。

伝説によればヴィクラマーディティヤ王はこの地の王であった。紀元前57年に王がサカ族を破ったのがヴィクラマ紀元の由来であるという。ただし史実とは考えられていない。

その後、西クシャトラパグプタ朝の支配下に置かれたが、その後はムスリム勢力の支配を受けるなどして衰退していった。

18世紀マラーター王国の諸侯シンディア家の支配下に置かれ、再建された。その後、拠点はグワーリヤルと行き来した。

1800年7月、シンディア家とホールカル家がウッジャインで激突し、ホールカル家が勝利、シンディア家は多大な犠牲を被った(ウッジャインの戦い)。

1810年シンディア家の当主ダウラト・ラーオ・シンディアはグワーリヤルの新区画ラシュカルに遷都した。

人口[編集]

2011年の人口は、515,215人[2]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]