ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウッチャンナンチャンの
コンビニエンス物語
ジャンル テレビドラマ
脚本 内村宏幸
演出 永峰明
出演者 ウッチャンナンチャン
内村光良南原清隆
ほか
オープニング 「バッシュ」THE MINKS
製作
プロデューサー 渡辺つとむ
制作 テレビ東京ニユーテレス
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1990年4月8日 - 5月13日
放送時間 日曜 21:00 - 21:54
放送枠 テレビ東京日曜9時連続ドラマ
放送分 54分
回数 6
テンプレートを表示

ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語』(ウッチャンナンチャンのコンビニエンスものがたり)は、1990年4月8日から5月13日まで、テレビ東京系列日曜21:00 - 21:54(JST)に放送されたテレビドラマ。全6話。当時若手芸人として人気を集めていたウッチャンナンチャンの2人が初主演したテレビドラマ作品である。

概要[編集]

コンビニファミリーマート」を舞台にした青春コメディードラマ。

毎回ゲストのキャラクターが登場する構成で、ダウンタウン西川のりお荒井注などのお笑いタレントや個性派俳優が出演した。また本作の主題歌「パッシュ」を担当したTHE MINKSのメンバーも第2話でメジャーデビューを夢見るインディーズバンド役で出演した。

本放送終了後、ビデオソフトが発売された。またビデオソフトでは荒井注が出演したエピソードのみ、一部のBGMが本放送時と異なっている。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 内村宏幸
  • 演出 - 永峰明
  • 音楽 - PSYCHO FARM
  • スタジオ - 国際放映
  • プロデューサー - 不破敏之(テレビ東京)、波田野憲雄・北澤栄博(ニユーテレス)
  • チーフプロデューサー - 渡辺つとむ(テレビ東京)
  • 製作 - テレビ東京、ニユーテレス

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

第1話
  • 清田那保 - 西川のりお
  • ダウンタウン
  • 蛭子能収
第2話

また、当時無名だった出川哲朗も出演している。

サブタイトル[編集]

  1. 本日開店ウッチャンナンチャンの深夜ストアー奮戦記 (「人間なんてラララ…」)
  2. 深夜大騒ぎウッチャンナンチャン店内熱狂コンサート (「夢見るだけではラララ…」)
  3. 元気出せよウッチャンナンチャンの単身赴任お父さん(「東京なんて ラララ…」)
  4. 家族大騒動ウッチャンナンチャン深夜の熱愛おじさん (「人生はいつでも ラララ…」)
  5. 君に夢中!ウッチャンナンチャン深夜ツッパリ恋少女 (「今はとりあえず ラララ…」)
  6. さようならウッチャンナンチャン夢見る時は過ぎて(「男になる為には…」)

(括弧内はビデオ化時のサブタイトル)

放送局[編集]

系列は当時のもの。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 1990年4月8日 - 5月13日 日曜 21:00 - 21:54 テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県
香川県
テレビせとうち
山形県 山形放送 1992年3月30日 - 5月 月曜 16:00 - 17:00 日本テレビ系列
テレビ朝日系列

備考[編集]

  • ロケ地には、池尻大橋にあるファミリーマートが使われた[要出典][どこ?]ロケ地となった店舗は2019年時点で現存している。[要出典]
  • 1992年1月と2月にかけて関東地区で本作の再放送が行われたが、放送時間が日曜11時だったため、当時ウッチャンナンチャンがレギュラー出演していたフジテレビの『笑っていいとも!増刊号』の裏番組となった。[要出典]
  • ウンナンにとっては、初めてのテレビ東京製作の番組への出演となった。なお、南原は2004年10月から『教えて!ウルトラ実験隊』で司会を担当したが、番組は放送内容の捏造が発覚したために翌年2月をもって打ち切られた。それ以降、南原はテレビ東京のレギュラー番組を持っていない。一方、内村は2011年12月に特番で放送された『そうだ旅(どっか)に行こう。人生最高の旅 芸能人が突然休みをもらったら…』に出演後、同番組がレギュラー化されたため、22年ぶりのテレビ東京でのレギュラー番組となった。
  • 福岡ではTVQ開局前のため既存局では放送されていない。開局後には午前中の時間帯に放送されている。[要出典]
テレビ東京系列 日曜21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
ウッチャンナンチャンの
コンビニエンス物語