ウッチャンナンチャンのラジオな奴ら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ウッチャンナンチャンのラジオな奴ら
ジャンル バラエティ番組
放送方式 録音
放送期間 1991年3月4日 - 1992年7月2日
放送時間 月曜 - 木曜22:30 - 22:40
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ ウッチャンナンチャン
出演 王様とろばの耳
提供 ダイハツ工業
特記事項:
一部の地方局は金曜日も放送。
テンプレートを表示

ウッチャンナンチャンのラジオな奴ら(ウッチャンナンチャンのラジオなやつら)は、ニッポン放送の制作で1991年3月から1992年6月まで放送されていたラジオ番組である。

各局で月曜日から金曜日まで(一部の局では木曜日まで)、帯番組として約10分間放送されていた。

ダイハツの一社提供による番組で、ダイハツ枠としての前番組は『TOSHIXハラスメント』、後番組は『デーモン・オーケンのラジオ巌流島』。

概要[編集]

ウッチャンナンチャンは当時、『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』のレギュラーも持っていたため、ニッポン放送でこの番組と二本掛け持ちということになっていた。ハガキネタ中心のギャグ番組ということであるが、オールナイトニッポンとは違ってフリートークのパートはあまり無く、フォーマット(構成)に沿うような形で番組は進められていた。

番組の主な流れとしては、ウンナンへの質問状を内村光良が読み、南原清隆が一言で答えた後タイトルコール、その後CMに入ってコーナーへ、というものだった。

各コーナーでネタハガキの中から『ウンナン賞』が選ばれており、その賞品は中国雲南省(うんなんしょう)のウーロン茶の葉などだった。

なお金曜日放送分は、ニッポン放送では箱番組を放送していなかった『伊集院光のOh!デカナイト フライデースペシャル』が放送されていたため、各ネット局へ裏送りという形で放送していた。ちなみに番組後期は金曜日のエンディングにおいて、オープニングの悩みコーナーとエンディングの明日への提言コーナーで面白かったネタの中から『悩み大賞』『明日への提言大賞』が発表されていた。

笑い屋として女性お笑いコンビ「王様とろばの耳」が出演していた。

コーナー[編集]

  • 悩みコーナー(オープニング)
  • アンアンアンケート (月曜日)
    リスナーが考えたアンケートに「90人」「9人」「1人」といった順で三段オチを付けるコーナー。
  • ショックショックショック(月曜日)
  • パクってポン!(月曜日)
  • CD大作戦 (火曜日)
    欽ドン!』の“レコード大作戦”のパロディコーナー。
  • ウンナンの大予言 (水曜日)
  • こんなもの言えない(水曜日)
  • ダザイ (木曜日)
  • 王様とろばの耳のネタ(金曜日)
  • 明日への提言(エンディング)
    アニメ『未来警察ウラシマン』のオープニング曲をアレンジしたインストゥルメンタル(サウンドトラック)に合わせ、リスナーが考えた提言を伝えた後、提供アナウンスが流れ番組終了となる。
    ほか

放送されていた局と放送時間[編集]

◎ - 1991年3月 - 1992年6月の全期間放送、放送時間の変動の無かった局 ▼ - 月曜日から木曜日までの放送だった局 ★ - ダイハツ工業提供のスポンサードネット

ニッポン放送 月曜 - 木曜22時半付近の番組
前番組 番組名 次番組
TOSHIXハラスメント
ウッチャンナンチャンのラジオな奴ら