ウテオドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウテオドン
生息年代: ジュラ紀後期
Camptosaurus aphanoecetes - IMG 0673.jpg
カーネギー自然史博物館の骨格
地質時代
ジュラ紀後期チトニアン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : イグアノドン上科
Iguanodontoidea
: イグアノドン科
Iguanodontidae
: ウテオドン属
Uteodon
学名
Uteodon
McDonald2011
骨格の正面視

ウテオドン Uteodon (「ユタ州の歯」の意味)は、イグアノドン類の一つ。 基盤的イグアノドン類でジュラ紀後期のアメリカ合衆国ユタ州に生息していた。モリソン層のブラッシーベイシン部層中層から知られる。本属は2011年にアンドリュー・マクドナルドによって命名された。 模式種はウテオドン・アファノエケテス Uteodon aphanoecetesである[1]。本種は以前はカンプトサウルス属の種と考えられていた。原記載は2008年にカーペンターとウィルソンによってなされた[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Andrew T. McDonald (2011). “The taxonomy of species assigned to Camptosaurus (Dinosauria: Ornithopoda)”. Zootaxa 2783: 52–68. http://www.mapress.com/zootaxa/2011/f/z02783p068f.pdf. 
  2. ^ Carpenter, K.; Wilson, Y. (2008). “A New Species of Camptosaurus (Ornithopoda: Dinosauria) from the Morrison Formation (Upper Jurassic) of Dinosaur National Monument, Utah, and a Biomechanical Analysis of Its Forelimb”. Annals of Carnegie Museum 76 (4): 227. doi:10.2992/0097-4463(2008)76[227:ANSOCO]2.0.CO;2. 

関連項目[編集]