ウディネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Football pictogram.svg
ウディネーゼ
原語表記 Udinese Calcio SpA
愛称 Bianconeri、Zebrette
クラブカラー 白・黒
創設年 1896年
所属リーグ レガ・カルチョ
所属ディビジョン セリエA
ホームタウン ウーディネ
ホームスタジアム スタディオ・フリウーリ
収容人数 41,825
代表者 イタリアの旗 フランコ・ソルダーティ
監督 イタリアの旗 パスクアーレ・マリーノ
公式サイト 公式サイト
Kit left arm udinese0910h.png
チームカラー
Kit body udinese0910h.png
チームカラー
Kit right arm udinese0910h.png
チームカラー
Kit shorts blanksides.png
チームカラー
Kit socks blacktop.png
チームカラー
ホームカラー
Kit left arm udinese0910a.png
チームカラー
Kit body udinese0910a.png
チームカラー
Kit right arm udinese0910a.png
チームカラー
チームカラー
チームカラー
アウェイカラー
Kit left arm udinese0910t.png
チームカラー
Kit body udinese0910t.png
チームカラー
Kit right arm udinese0910t.png
チームカラー
チームカラー
チームカラー
サードカラー
 サッカークラブPJ
1970年代の選手達

ウディネーゼ・カルチョUdinese Calcio)は、イタリアウーディネを本拠地とするサッカークラブ。2009-2010シーズンはセリエAに所属。

目次

歴史

クラブは1896年ソチエタ・ウディネーゼ・ディ・ジンナスティカ・スケルマSocietà Udinese di Ginnastica e Scherma、ウディネーゼ体操およびフェンシングクラブ)として創設された。1950-1951シーズンに初めてセリエAに昇格。1954-1955シーズンにはASローマに次ぐ2位でシーズンを終えたが、不正行為が発覚したためカターニアと共にセリエB降格処分を受けた。

1960年代から1970年代にかけては大半をセリエCで過ごすなど低迷したが、1979-80シーズンに17年ぶりにセリエAに昇格。1983年からはブラジル代表のジーコも在籍し、ファンの人気を集めた。

1990年代後半からはセリエAの中でも中位と健闘し、1997-98シーズンにはアルベルト・ザッケローニ監督の下で同シーズンの得点王オリバー・ビアホフらを擁して3位となり、「奇跡のウディネーゼ」(Udinese dei miracoli)と称された。2004-2005シーズンはルチアーノ・スパレッティ監督の下で4位という成績をおさめ、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

タイトル

スタディオ・フリウーリ

国内タイトル

1977-1978

国際タイトル

2000
1980
1978

過去の成績

  • 1989-1990 セリエA 15位 B降格
  • 1990-1991 セリエB 8位
  • 1991-1992 セリエB 4位 A昇格
  • 1992-1993 セリエA 14位
  • 1993-1994 セリエA 16位 B降格
  • 1994-1995 セリエB 2位 A昇格
  • 1995-1996 セリエA 11位
  • 1996-1997 セリエA 5位
  • 1997-1998 セリエA 3位
  • 1998-1999 セリエA 7位
  • 1999-2000 セリエA 8位
  • 2000-2001 セリエA 12位
  • 2001-2002 セリエA 13位
  • 2002-2003 セリエA 5位
  • 2003-2004 セリエA 7位
  • 2004-2005 セリエA 4位
  • 2005-2006 セリエA 10位
  • 2006-2007 セリエA 10位
  • 2007-2008 セリエA 7位
  • 2008-2009 セリエA 7位
  • 2009-2010 セリエA 15位
  • 2010-2011 セリエA

現所属メンバー

2010年1月11日現在
No. Pos. 選手名
1 ベネズエラの旗 GK ラファエル・ロモ
2 コロンビアの旗 DF クリスティアン・サパタ
3 チリの旗 MF マウリシオ・イスラ
4 コロンビアの旗 DF フアン・ギリェルモ・クアドラド
5 ナイジェリアの旗 MF クリスティアン・オボド
6 イタリアの旗 GK エマヌエレ・ベラルディ
7 イタリアの旗 MF シモーネ・ペペ
8 セルビアの旗 MF ドゥシャン・バスタ
9 イタリアの旗 FW ベルナルド・コッラーディ
10 イタリアの旗 FW アントニオ・ディ・ナターレ captain
11 チリの旗 FW アレクシス・サンチェス
13 イタリアの旗 DF アンドレア・コーダ
14 イタリアの旗 MF パオロ・サンマルコ
15 コロンビアの旗 DF リカルド・チャラ
16 ロシアの旗 MF ヴィクトル・ブディアンスキ
17 ブラジルの旗 FW アレマン
No. Pos. 選手名
19 ガーナの旗 MF エマニュエル・アギェマン・バドゥ
20 ガーナの旗 MF クワドォー・アサモア
21 イタリアの旗 MF ガエターノ・ダゴスティーノ
22 スロベニアの旗 GK サミール・ハンダノヴィッチ
23 スペインの旗 MF ハイメ・ロメロ
24 セルビアの旗 DF アレクサンダル・ルコヴィッチ
26 イタリアの旗 DF ジョヴァンニ・パスクアーレ
27 スイスの旗 FW アレクサンドレ・ゲイホ
28 デンマークの旗 MF ニキ・ジムリング
32 イタリアの旗 DF ダミアーノ・フェロネッティ
80 イタリアの旗 DF マウリツィオ・ドミッツィ
83 イタリアの旗 FW アントニオ・フローロ・フローレス
84 イタリアの旗 MF フランチェスコ・ローディ
86 ブラジルの旗 MF ギリェルミ・シケイラ
88 スイスの旗 MF ギョクハン・インレル

歴代監督

歴代所属選手

詳細は「Category:ウディネーゼの選手」を参照

GK

DF

MF

FW

クラブの経営戦略

 ウディネーゼはプロビンチャに過ぎず、ジャンパオロ・ポッツォ・オーナーによる援助はあるものの財政規模は決して大きくない。そのため、ウディネーゼは外国の若くて無名の優秀な選手を確保し育成、その選手を高額で売却することでクラブ経営を成立させてきた。ウディネーゼのスカウトは世界中に散らばっており、1995年のボスマン判決後にこの路線を徹底して推進している。イタリア人プレーヤーの育成を重視して下部組織を充実させているアタランタBCなどと異なり、選手リクルーティングの活動範囲を世界中へ拡大したことが、現在のウディネーゼ躍進の原動力となっている。国内外より発掘した若い選手たちには、イタリアサッカーに適応する時間と環境の提供を重視している。こうした経営方針から、クラブは多国籍チームになる傾向が強い。

これまで育成された高名なプレーヤーに、オリバー・ビアホフマルシオ・アモローゾマルティン・ヨルゲンセンダビド・ピサーロペア・クロルドルップマレク・ヤンクロフスキーアサモア・ギャンギョクハン・インレルなどがいる。マヌエル・ジェロリン、エルネスト・ヴァルニエら優秀なスカウト陣が成功していることは安定して中位を確保していることからも分かる。

また、監督にとって働きやすい環境作りに努めており、アルベルト・ザッケローニルチアーノ・スパレッティなどの名将を輩出している。




今日は何の日(1月21日

もっと見る