ウバルド・ソッドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ウバルド・ソッドゥ
Ubaldo Soddu
生誕 1883年
サレルノ
死没 1949年
所属組織 イタリア陸軍
テンプレートを表示

ウバルド・ソッドゥ(Ubaldo Soddu 1883年-1949年)は、イタリア王国軍人

イタリア南部サレルノ州出身の軍人で、第二次世界大戦勃発時に国防省高官の地位にあった。イタリア・ギリシャ戦争で最初の指揮官であるセバスティアーノ・ヴィスコンティ・プラスカ総督が解任された後、司令官として前線に勤務した。だが程なく彼は無能な人物である事を露呈し、僅か一ヶ月で総司令官を解任された。

後任にはウーゴ・カヴァッレーロ参謀総長が着任、戦争終結までその任に当たった。