ウパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ウパー
全国
ヤンヤンマ - ウパー(#194) - ヌオー
ジョウト
デンリュウ - ウパー(#056) - ヌオー
シンオウ
ルカリオ - ウパー(#117) - ヌオー
基礎データ
英語名 Wooper
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 ヌオー
世代 第2世代
ポケモン学
分類 みずうおポケモン
タイプ みず / じめん
高さ 0.4m
重さ 8.5kg
特性 しめりけ / ちょすい
かくれ特性 てんねん
テンプレートを表示

ウパーは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

ウーパールーパーのように水中で生活している(ちなみに鰓は首の横から飛び出ている)が、陸上生活も可能。但し皮膚が乾燥すると死んでしまう為、身体は粘膜で覆われている(粘膜は有毒で、素手で触るとピリピリと痛む)。

ゲームでのウパー[編集]

初登場となる『金・銀・クリスタル』では、みず・じめんというタイプの組み合わせに加え、序盤でゲットできる(但し草むらでは野生のものは夜にしか出現しない)のでよく使われた。『ルビー・サファイア』および『リーフグリーン』では出現しない。

みずタイプとじめんタイプを併せ持っているため、くさタイプのわざには非常に弱いものの、でんきタイプのわざを無効化できる。

ウパーには触覚らしきものがあるが、『ダイヤモンド・パール』以降では♂と♀でその本数が異なる。

外見上は腕がないものの「れいとうパンチ」を習得できる。なお、みずタイプのわざは最初から覚えている「みずでっぽう」を除くと、レベルアップでは覚えない(進化系のヌオーも同様。但し『ダイヤモンド・パール』以降では「だくりゅう」を覚えられるようになった)。秘伝マシンで「なみのり」を覚えさせると主力技として使える上、移動要員にも使える。

能力は全体的に低い。中でも「すばやさ」は全ポケモン中最低クラスである。

アニメでのウパー[編集]

金銀編では、トゲピーが叩くタンバリンのリズムに合わせて群れで歌うシーンがある。

映画でのウパー[編集]

ピチューとピカチュウ』で、ピチュー兄弟の友達として登場。

関連項目[編集]