ウラジオストク国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウラジオストク国際空港
Международный аэропорт "Владивосток"
Vladivostok International Airport
Vladivostok airport.png
IATA: VVO - ICAO: UHWW
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
所在地 アルチョーム
母都市 ウラジオストク
種類 公共
運営者 Vladivostok Avia
標高 14 m (46 ft)
座標 北緯43度23分57秒 東経132度09分05秒 / 北緯43.39917度 東経132.15139度 / 43.39917; 132.15139
公式サイト 公式ウェブサイト
地図
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
VVO
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
VVO
ロシア国内での空港位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06/24 973×20 アスファルト
07R/25L
閉鎖
2,500×60 アスファルト
07L/25R 3,500×60 コンクリート
16/34 602×20 アスファルト
統計 (2008年)
旅客数 1,003,718人
発着回数 5,168回
出典:[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ウラジオストク国際空港(ウラジオストクこくさいくうこう、: Международный аэропорт "Владивосток": Vladivostok International Airport)は、ロシア連邦ウラジオストク郊外のアルチョームにある国際空港

概要[編集]

ウラジオストク中心部から北に40km余りの位置にあるウラジオストク空港は、主要滑走路であるクネーヴィッチ(Кневичи、Knevichi)飛行場と、主に地元の飛行クラブに利用されているオジョールヌイエ・クリュチー(Озёрные ключи、Ozernye Klyuchi)飛行場の二つの飛行場から構成されており、ICAOコードのUHWWは「Knevichi」として登録されているため、ウラジオストク空港を「クネヴィッチ飛行場」または「クネヴィッチ空港」と呼ぶこともある。

極東の空港としては最新の設備を持ち、ロシア語だけでなく英語での放送も行うなど極東における国際拠点空港として整備されつつある。オーロラ(旧ウラジオストク航空)の本拠地でもある。

2017年8月8日より、査証免除国家の旅券を所持する者とは別に、一部の国家の旅券を所持する者はウラジオストク国際空港からロシア沿海地方限定で、8日間滞在可能な簡易ビザをインターネットで事前申請することが可能となった(詳細はロシアの査証政策を参照)。

沿革[編集]

1993年に民間航空機にも共用されるようになり、1999年3月に国際線ターミナルビルが完成した。2006年には国内線ターミナルビルも完全改築されオープンした。

その後、2012年ロシアAPECの開催に向けて改修工事が行われ[2]、新国際旅客ターミナルも建設された(2009年着工)[3]

施設[編集]

国内線ターミナルのチェックインホール
新しくなったターミナル

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社就航地
ロシアの旗 オーロラ ノボシビルスクハバロフスクペトロパブロフスク・カムチャツキーユジノサハリンスクコムソモリスク・ナ・アムーレ、カヴァルロヴォ、テルネイ、ダリネゴルスク、プラストゥン、ダリネレチェンスク、ボストーク
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
ロシアの旗 S7航空 イルクーツク、ノボシビルスク、ペトロパブロフスク・カムチャツキー、ユジノサハリンスク
ロシアの旗 ロシア航空 サンクトペテルブルク(季節運航便)、モスクワ・ヴヌコヴォ
ロシアの旗 ヤクーツク航空 ヤクーツク
ロシアの旗 ウラル航空 エカテリンブルク、サンクトペテルブルク、ノボシビルスク、イルクーツク
ロシアの旗 Taimyr Air Company クラスノヤルスク、ノリリスク
ロシアの旗 UTエアー モスクワ/ヴヌーコヴォ
ロシアの旗 イルアエロ イルクーツク、ハバロフスク、チタ、ウラン・ウデ
ロシアの旗 オレンエア モスクワ/ドモジェドヴォ、ノヴォシビルスク

国際線[編集]

航空会社就航地
ロシアの旗 オーロラ 東京/成田新潟(季節便)、ソウル/仁川釜山北京/首都香港牡丹江延吉
ロシアの旗 S7航空 東京/成田、大阪/関西(季節便)、北京/首都、ソウル/仁川、香港、上海/浦東、台北[4]バンコク/スワンナプーム[5]
ロシアの旗 ウラル航空 札幌/新千歳[6]、バンコク/スワンナプーム、長春
ロシアの旗 ロイヤルフライト航空 プーケット
日本の旗 日本航空 成田[7]
大韓民国の旗 大韓航空 ソウル/仁川
大韓民国の旗 チェジュ航空 ソウル/仁川、務安
大韓民国の旗 イースター航空ソウル/仁川、釜山
大韓民国の旗 エアプサン釜山
大韓民国の旗 ティーウェイ航空 大邱[8]
朝鮮民主主義人民共和国の旗 高麗航空 平壌
中華人民共和国の旗 中国南方航空 ハルビン、長春
ウズベキスタン航空 タシュケント

空港アクセス[編集]

鉄道[編集]

アエロエクスプレス(旧塗装)

最寄駅は空港ターミナルAに直結しているアエロポルト・クネヴィッチ駅。ここからウラジオストク駅までアエロエクスプレスが結んでいる。運行本数が1日5往復と少なく発着時刻の変更が頻繁にあるためアエロポルト・クネヴィッチ駅にて確認が必要。

小型バス(乗合タクシー)[編集]

空港のバス乗り場からウラジオストク駅行きの107系統の小型バス(乗合タクシー)が2019年の時点で1日に21本運行している。比較的小型の車両のため乗合タクシーとも呼ばれる。一度に大人数では乗車することができない。その他ナホトカ行き(601系統)、ウスリースク行き(564・609・601・555・552・520系統)、アルセーニエフ行き(520・609系統)、パルチザンスク行き(564系統)、ボリショイ・カーメニ行き(555系統)、スパスク行き(609系統)がある。また空港のあるアルチョーム市の中心部へはシャトルバス(7系統)で行くことができる。

タクシー[編集]

空港1階のタクシーカウンターで行先を示して料金を先払いし、乗車するタクシーのナンバーが書かれたチケットを受け取り、空港前で、そのナンバーのタクシーに乗車する。

有料送迎シャトルバス[編集]

2015年に空港のあるアルチョーム市にカジノと高級ホテルなどを組み合わせたプリモリエ・エンタテイメントゾーンにTigre De Cristalが開業し、空港との間に有料送迎シャトルバスの運行をっている。

脚注[編集]