ウラジロモミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウラジロモミ
Abies homolepis cones.jpg
ウラジロモミ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: マツ科 Pinaceae
: モミ属 Abies
: ウラジロモミ A. homolepis
学名
Abies homolepis Sieb. & Zucc.
和名
ウラジロモミ、ダケモミ、ニッコウモミ[2]

ウラジロモミ(裏白樅、学名Abies homolepis)は、マツ科モミ属の常緑針葉樹。日本の特産種である。別名はダケモミニッコウモミ

特徴[編集]

モミよりも寒冷な気候を好み、福島県から四国までの温帯北部(落葉広葉樹林帯)から亜高山帯下部に分布する。本州中部では、おおよそ高度1000mでモミと入れ替わり、1700-800mでシラビソと入れ替わる。

大きいものでは樹高40m、直径2mにも達する場合がある。葉の裏側が白いためこの名が付いている。モミに似るが、葉先はモミほど鋭く2裂しない、若枝は無毛である、などの違いがある。葉の長さは1.5-2.5cm、球果はモミより若干小さく、長さ6-13cm程度。はじめ暗紫色、熟成すると黄褐色を帯びる。

ブナ林やスギヒノキの人工林でそれらの木の陰に生える。(ブナやスギ・ヒノキよりもさらに暗い場所を好むため)

関東地方中部地方には、モミとウラジロモミの雑種であるミツミネモミ Abies x umbellata が分布する。

脚注[編集]

関連項目[編集]