ウラジーミル・ドリンフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウラジーミル・ドリンフェルドВладимир Гершонович Дринфельд,Vladimir Gershonovich Drinfeld,あるいは Drinfel'd, 1954年2月14日 - )はウクライナハリコフ出身の数学者

1974年にモスクワ大学卒業、1978年にモスクワ大学で Ph.D. を取得。指導教授はユーリ・マニン。1988年にステクロフ数学研究所において Dr.Sc. を取得した。1990年にフィールズ賞を、2018年にはウルフ賞数学部門を受賞した。フィールズ賞受賞理由は、「有限体上の一変数代数関数体の GL2 に関するラングランズ予想の証明および、量子逆散乱法による量子群の構成」である。現在はシカゴ大学教授

業績[編集]

  • 数論におけるDrinfeld加群の創始。
  • 有限体上一変数代数関数体のGL(2) のLanglands予想の証明
  • Drinfeld's Shtukas
  • Grothendieck–Teichmueller 群の導入
  • Cerednik–Drinfeldの定理 (志村曲線の p 進一意化)
  • Drinfeld の p 進対称空間
  • Drinfeld Comultiplication
  • Drinfeld associator
  • Beilinson–Drinfeld 理論
  • Drinfeld 多項式
  • インスタントンにおける ADHM (Atiyah–Drinfeld–Hitchin–Manin) 構成法を構築
  • Yang–Baxter方程式の解の分類
  • 神保道夫と独立に量子群を構成した
  • ソリトン階層のひとつである Drinfeld–Sokolov 階層

関連人物[編集]