ウリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大天使聖ウリエル
Saint Uriel, St John's Church, Warminster, Wiltshire.jpg
ウリエルのモザイク、聖ヨハネ教会英語版ウォーミンスター英語版ウィルトシャー
天使長
崇敬する教派 ラビ・ユダヤ教聖公会正教会東方諸教会東方典礼カトリック教会フォーク・カトリシズム秘伝キリスト教英語版
記念日 9月29日(西方教会)、11月8日(東方教会)、7月28日(エチオピア正教会[1]
象徴 日輪書物巻物炎の聖剣英語版、手のひらに火
守護対象 詩、諸芸英語版[2]堅信

ウリエルヘブライ語: אוּרִיאֵל[3]、ティベリア式ヘブライ語: Ûrîʾēlウーリーエールギリシア語: Ουριήλコプト語ⲟⲩⲣⲓⲏⲗ)は、正典には含まれておらず、カトリック教会では認可されていないがユダヤの神秘主義的文学において重要な天使。旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』『第四エズラ書』、新約聖書外典『ペトロの黙示録』で、その名が言及されている。ミカエルガブリエルラファエルと共に「神の御前に立つ四人の天使」の一人。ウリエルという名前は、「神の光」「神の炎」を意味する。また、ウリエルの名は預言者ウリアに由来するといわれている[4]大天使熾天使智天使とされることがある。

サリエルと同一の天使とする説もある[5]

芸術作品においてウリエルは、作家と教師にインスピレーションを与え、裁きと預言の解説者という役割を示す本と巻物を持つ姿、または開いた手の中に炎を灯した姿で描かれる。

ヘブライの伝承・ユダヤ神秘主義的文学におけるウリエル[編集]

神の炎・光という名前を持ち、天使界の叡智と哲学を司る太陽の統治者です。チェスター大聖堂のステンドグラス

旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』で、ウリエルはエノク天国へ引き上げ、天国の案内役を勤めた。エノク書では、主の天使たちが地上に降り多くの邪悪を働いたため、神はミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルをそれぞれ役目を与え遣わした。そのときウリエルは、ノアに洪水が迫っていることを報せた。エノクはウリエルを七人の大天使の一人とし、タルタロスと世界を見守ると語っている。また、天におけるすべての発光体と地上の運行、気象、自然現象を司る天使としている[6]

旧約聖書外典『第四エズラ書』において、ウリエルはエズラが見た七つの幻視を説明する。エズラは、神に様々な質問をする。とくにユダヤ人の苦悩、神の正義、イスラエルの運命について尋ねる。その答えとしてエズラは七つの幻視を見る。その時にウリエルは現れ、神が人間に対して行う正義について、答えることの不可能な三つの質問をする[7]

ユダヤの伝承『ヨセフの祈り』の中で、ウリエルは『わたしは人間たちの中で暮らすために地上におり、ヤコブという名で呼ばれる』と述べる。この言葉の正確な意味は明らかにされていないが、そうなるとウリエルは天使から人間になった初めての者となる。

ヘブライの伝承『アダムとイヴの生涯』で、ウリエルは焔の剣を持ってエデンの園の門を守る智天使の一人と記されている。

『ペトロの黙示録』でのウリエル[編集]

新約聖書外典『ペトロの黙示録』でウリエルは懺悔の天使として現われ、神を冒瀆する者を永久の業火で焼き、不敬者を舌で吊り上げて火であぶり、地獄の罪人たちを散々苦しめるという。最後の審判の時には、地獄の門のかんぬきを折り、地上に投げつけて黄泉の国の門を開き、すべての魂を審判の席に座らせる役割を担う[8]

その他[編集]

旧約聖書創世記』でヤコブと格闘した天使が誰だったかの有力候補にウリエルの名が挙がっている[9]

ウリエルは、745年ローマ教会会議においてザカリアス教皇に堕天使の烙印を押される。これは民間で加熱しすぎた天使信仰を抑えるために、聖書正典に名前が言及されているミカエル、ガブリエル、ラファエル[10]。以外の天使を堕天使としたものである。

儀式魔術英語版において、ウリエルには地の元素、緑色、北の方角が配当される[11]黄道十二宮では宝瓶宮を司る。

文学[編集]

ジョン・ミルトンの『失楽園』でウリエルは熾天使として登場し、太陽の統治者と呼ばれ、太陽の運行を司る天使とされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bunson, Matthew (2010) (英語). Angels A to Z: A Who's Who of the Heavenly Host. New York: Potter/Ten Speed/Harmony/Rodale. p. 103. ISBN 9780307554369. https://books.google.com/books?id=9hzyxbMUqHoC&pg=PA103&lpg=PA103&dq=uriel+28+july+ethiopian&source=bl&ots=2gPCJUVl8C&sig=ACfU3U2cbm5qqQrysR4YHhf6L2JH05dVaA&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwjeperTkaHhAhWOHRQKHT3oAroQ6AEwC3oECAsQAQ#v=onepage&q=uriel%2028%20july%20ethiopian&f=false. "In the orthodox churches of Egypt and Ethiopia, the Christians celebrate July 28 in honor of the archangel Uriel." 
  2. ^ Window 33: Archangel Uriel” (英語). stpaulswinstonsalem.org. 2019年4月3日閲覧。 “He is a patron of the arts and the patron saint of the sacrament of Confirmation.”
  3. ^ ヘブライ語ラテン翻字: Uriel「我が光は神」
  4. ^ グスタフ・デイヴィッドスン 『天使辞典』 創元社
  5. ^ 森瀬繚、坂東真紅郎、海法紀光 『「堕天使」がわかる』 ソフトバンク文庫、2008年、pp56-59。ISBN 978-4797346916。
  6. ^ 「エチオピア語エノク書」『聖書外典偽典〈第4巻〉旧約偽典Ⅱ』教文館
  7. ^ 「第4エズラ書」『聖書外典偽典〈第5巻〉旧約偽典Ⅲ』教文館
  8. ^ 「ペテロの黙示録」『聖書外典偽典〈別巻 2〉補遺 』教文館
  9. ^ 森瀬繚 『天使がわかる』 ソフトバンク クリエイティブ、2009年、73頁
  10. ^ ラフェエルに関しては第二正典
  11. ^ 真野隆也 『悠久なる魔術』 新紀元社

参考文献[編集]

  • 日本聖書学研究所(編集)『聖書外典偽典〈第4巻〉旧約偽典Ⅱ』教文館(1975年)
  • 日本聖書学研究所(編集)『聖書外典偽典〈第5巻〉旧約偽典Ⅲ』教文館(1976年)
  • 日本聖書学研究所(編集)『聖書外典偽典〈別巻 2〉補遺 』教文館(1982年)
  • A Dictionary of Angels: Including the Fallen Angels. Davidson, Gustav.Free Press. ISBN 0-02-907052-X
  • ローズマリー・エレン・グイリー(著)大出健(訳)『図説 天使百科事典』原書房(2006年) ISBN 4562039795
  • ジョン・ロナー(著)鏡リュウジ/宇佐和通(訳)『天使の事典-バビロニアから現代まで』柏書房(1994年) ISBN 4-7601-1133-6
  • ローラ・ウォード/ウィル・スティーズ(著)小林純子(訳)『天使の姿―絵画・彫刻で知る天使の物語』新紀元社(2005年) ISBN 4-7753-0418-6
  • ジョン・ミルトン(著)平井正穂(訳)『失楽園』筑摩書房(1979年)

関連項目[編集]