ウリケ・シェーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウリケ・シェーデ(Ulrike Schaede、1962年 - )はドイツ人経営学者。専門は日本企業企業戦略カリフォルニア大学サンディエゴ校教授。

人物[編集]

ドイツ出身。ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン日本語を学んで卒業後[1]一橋大学大学院博士課程を経て[2]、1989年フィリップ大学マールブルクにて日本学経済学を専攻して最優等でPh.D.を取得[3][1]

一橋大学経済研究所客員助教授カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール客員准教授ハーバード大学ハーバード・ビジネス・スクール客員准教授等を経て、2008年からカリフォルニア大学サンディエゴ校国際政策・戦略研究大学院(GPS)教授[1]

専門は日本企業企業戦略[2]で、日本銀行金融研究所客員研究員三菱総合研究所アドバイザー[1]なども務める。

著書[編集]

  • Choose and Focus: Japan’s Business Strategies for the 21st Century. Cornell University Press. (2008). 
  • Japan’s Managed Globalization: Adapting to the 21st Century. co-edited with William W. Grimes. (2003). 
  • Cooperative Capitalism: Self-Regulation, Trade Associations, and the Antimonopoly Law in Japan. Oxford University Press. (2000). 
  • Der neue japanische Kapitalmarkt – Finanzfutures in Japan. (1990).  (in German).
  • Geldpolitik in Japan 1950–1985. (1989).  (in German).

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「Ulrike Schaede, PhD」
  2. ^ a b 「ニッポンの魅力は、「スシ」より「スイカ」!」日経ビジネス2014年5月12日
  3. ^ [1]公益財団法人21世紀職業財団