ウリヤノフスク民間航空史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ウリヤノフスク民間航空史博物館
Музей истории гражданской авиации
ウリヤノフスク民間航空史博物館
展示されているTu-114。奥の機体はTu-144
ウリヤノフスク民間航空史博物館の位置(ロシア内)
ウリヤノフスク民間航空史博物館
ウリヤノフスク民間航空史博物館
ロシア国内での位置
施設情報
専門分野 航空宇宙
所在地 ロシアの旗 ロシアウリヤノフスク州ウリヤノフスクバラタエフカ
位置 北緯54度17分27.63秒 東経48度14分0.75秒 / 北緯54.2910083度 東経48.2335417度 / 54.2910083; 48.2335417
アクセス バラタエフカ空港から徒歩5分[1]
外部リンク www.uvauga.ru/museumロシア語
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ウリヤノフスク民間航空史博物館(ウリヤノフスクみんかんこうくうしはくぶつかん、ロシア語: Музей истории гражданской авиации英語: Museum of the Civil Aviation History)はロシア連邦ウリヤノフスク州ウリヤノフスクに位置する航空博物館。ウリヤノフスク航空博物館(英語: Ulyanovsk Aircraft Museum)とも呼ばれる。戦前からソ連崩壊までの間にソビエト連邦で開発された航空機が民間機・軍用機を問わず数多く展示されている。

概要[編集]

同じくロシア国内に位置するモニノ空軍博物館とは異なり、民間機・旅客機の展示数が多いのが特徴である[1]。展示機のうちTu-114Tu-144Tu-104などの機内はコクピットも含めて公開されている[1]

なお、展示機のTu-114は機体記号CCCP-76490としてソ連時代のアエロフロートで運用されていた機体[2]であり、1960年代には日本航空との共同運航に伴ってJALの鶴丸ロゴが描かれた状態で日本に飛来していたものである。

アクセス[編集]

ウリヤノフスク・バラタエフカ空港のターミナルを出て、市街地方面の北に向かう一本道の左側にある。バラタエフカ空港はモスクワと結ばれており、フライトの所要時間は約1時間半である。

展示機[編集]

展示されている機体の一覧は公式サイトを参照のこと。

脚注[編集]