ウルトラミラクルラブストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウルトラミラクルラブストーリー
監督 横浜聡子
脚本 横浜聡子
製作総指揮 中野朝子
土井智生
出演者 松山ケンイチ
麻生久美子
音楽 大友良英
主題歌 100s「そりゃそうだ」
撮影 近藤龍人
編集 普嶋信一
配給 リトルモア
公開 日本の旗 日本 2009年6月6日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ウルトラミラクルラブストーリー』は2009年に作られた日本映画作品。全編、津軽弁が使用された[1]

あらすじ[編集]

青森の田舎で祖母の農作業を手伝う少年のような青年水木陽人。

ある日事故で亡くなった元彼のことが忘れられず事故の際行方知らずとなってしまった彼の首を探すためカミサマを訪ね神泉町子がやってきた。

町子に一目ぼれししつこくアプローチする陽人だったか全く相手にされない。 そんなある日子供と遊んでいるうちに農薬を被ってしまう陽人。軽度の発達障害を患っていた彼は農薬のおかげで礼儀正しくなり、町子とも人並みに話せるようになるのであった。

陽人は町子に好かれようと農薬を浴び続け、ついには心肺停止になってしまうのだが・・・

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ 麻生久美子、松山ケンイチの豹変ぶりに驚愕! 監督「津軽弁に耳をすませて」”. シネマカフェ (2009年5月27日). 2014年12月22日閲覧。
  2. ^ 見事5冠に『空気人形』が輝く! 高崎映画祭にオダギリジョー、ペ・ドゥナも来場し喜びを分かち合う!”. シネマトゥデイ (2010年3月29日). 2014年12月22日閲覧。
  3. ^ 松山ケンイチ、受賞商品は大切な人と?に「そうします」と素直にコメント!”. シネマトゥデイ (2010年2月8日). 2014年12月22日閲覧。
  4. ^ ディア・ドクターが1位 キネマ旬報ベストテン”. 47NEWS (2010年1月12日). 2014年12月22日閲覧。