ウルリッヒ・トゥクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウルリッヒ・トゥクル
Ulrich Tukur
Ulrich Tukur
生年月日 (1957-07-29) 1957年7月29日(61歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ フィールンハイム
国籍 ドイツの旗 ドイツ
配偶者 Amber Wood
Katharina John (2003-)

ウルリッヒ・トゥクルUlrich Tukur, 1957年7月29日‐)は、ドイツ俳優、ミュージシャン。

経歴[編集]

マンハイム近郊の街フィールンハイムで生まれる。高校時代に交換留学制度を利用してアメリカ合衆国ボストンの高校に留学。1977年にハノーファーアビトゥーアに合格。兵役を終わらせたのちテュービンゲン大学に入学するが、アルバイトでやっていた音楽から舞台への道を志すようになり、1980年にシュトゥットガルト音楽演劇大学に入学し、演劇を学ぶ。1983年に修了したのち、ハイデルベルクの劇団に参加し舞台俳優として活動を始める。

在学中の1982年に『Die weiße Rose(白バラ)』で映画初出演。1984年、ベルリンハンブルクの劇場での演技が注目される。その後は1995年まで属したハンブルクの劇団を中心に現代劇からシェイクスピアものまで幅広いジャンルの劇に出演。一方映画でも1986年に『Stammheim』でドイツ赤軍のテロリスト、アンドレアス・バーダーを演じてベルリン映画祭で金熊賞を受賞、同年ドイツ演劇批評家協会によりその年の最優秀俳優に選ばれる。1995年から2003年まで、ウルリッヒ・ヴァラーと共同でハンブルク室内劇団の団長を務める。2006年、『善き人のためのソナタ』でドイツ映画協会最優秀助演男優賞。

現在に至るまでドイツを代表する俳優の一人として活躍している。1989年以降歌手としてもアルバムを多数発表するなど多才であり、2007年には初めての小説も発表した。

最初の結婚で二女をもうけるが離婚、2003年に写真家と再婚しヴェネツィアに居を構えている。

主な出演作品[編集]