ウンターメンシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウンターメンシュ(Untermensch)は、ナチスがユダヤ人ロマスラブ人(主にポーランド人セルビア人ロシア人)といった「東方からの集団」の非アーリア人を「劣等人種」と表現した、悪名高い用語である。この用語は、黒人や有色人にも使用されていた。ユダヤ人は、ロマや、身体的、精神的な障害者と共に、ホロコーストにより解決されることとなった。東部総合計画によって、東部中欧のスラブ人の大部分がアジアに追放され、第三帝国内で奴隷労働者として使われ、一部がホロコーストの大量虐殺により、人口が減少した。この概念は、ナチスの人種政策の重要部分であった。

関連項目[編集]