ウンベルト・デ・アレンカール・カステロ・ブランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・アレンカール第二姓(父方の)はカステロ・ブランコです。
ウンベルト・デ・アレンカール・カステロ・ブランコ
Humberto de Alencar Castelo Branco
Castelobranco.jpg

任期 1964年4月15日1967年3月15日
副大統領 ジョゼ・マリア・アルキン

出生 1897年9月20日
ブラジルの旗 ブラジルセアラ州
死去 (1967-07-18) 1967年7月18日(満69歳没)

ウンベルト・デ・アレンカール・カステロ・ブランコポルトガル語: Humberto de Alencar Castelo Branco, 1897年9月20日 - 1967年7月18日)は、ブラジル軍人政治家

生涯[編集]

1897年、ブラジルのフォルタレザにてポルトガル系移民の家庭に生まれた[1]1918年ブラジル軍に入隊し、第二次世界大戦中ブラジル派遣軍英語版の大佐として勤務していた。1961年副大統領ジョアン・ゴラールポルトガル語版(通称・ジャンゴ)が大統領(任期:1961年-1964年)に昇格したが、農地改革や国有化などの左翼的・急進的民族主義路線を強めようとしたことに対し、1964年クーデター英語版を決行、政権を握った。政権奪取後は左派勢力を抑圧しつつ、市場経済への復帰を目指した。外交的には親米政策をとり、外国資本を積極的に導入した。1967年に大統領を辞任、同年に飛行機事故で没した。

1984年より発行されていた旧5000クルゼイロ紙幣に肖像が使用されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

先代:
パスカル・ラビエリ・マジーリ
ブラジル連邦共和国大統領
1964 - 1967
次代:
アルトゥール・ダ・コスタ・エ・シルヴァ