ウンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウンボUmbo; 本名Otto Maximilan Umbehr オットー・マクシミリアン・ウンベーア(ウンベールまたはウムベール); 1902年-1980年)は、戦間期に主として活躍した、ドイツの写真家。デュッセルドルフに生まれ、ハノーヴァーに没する。

建築・美術学校のバウハウスにてデザイン絵画を学ぶ。写真はバウハウスを離れた後に独学した。前衛的な写真作品を制作するとともに、フォトジャーナリストの草分けとして、報道写真も多く制作した。ドイツの写真エージェンシーデフォト」の重要なメンバーでもあった。

前衛的な作品としては、一般に構成主義的であり、フォトモンタージュ多重露光を含む)を多用している。その一方で、シュルレアリスムを感じさせる作品も多い。

参考文献[編集]

日本語では、あまり文献はないが、次の文献に作品図版がある。

  • 「モホリ=ナジとドイツ新興写真」展カタログ/東京都写真美術館/1990年(1990年の展覧会 (東京都写真美術館)を参照)/掲載されている作品図版は8点
  • 写真の歴史入門第2部「創造」モダンエイジの開幕/藤村里美/東京都写真美術館監修/新潮社(とんぼの本)/92ページと111ページにそれぞれ作品図版あり

外部サイト[編集]

関連項目[編集]