ウーゴ・カサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカサレス第二姓(母方の)はリナレスです。
ウーゴ・カサレス
基本情報
本名 ウーゴ・フィデル・カサレス・リナレス
通称 El Increible
階級 スーパーバンタム級
身長 163cm[1]
リーチ 165cm[1]
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1978-03-24) 1978年3月24日(40歳)
出身地 シナロア州の旗 シナロア州ロスモチス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 49
勝ち 39
KO勝ち 27
敗け 8
引き分け 2
テンプレートを表示

ウーゴ・カサレスHugo Cázares、男性、1978年3月24日 - )は、メキシコプロボクサー。本名はウーゴ・フィデル・カサレス・リナレスHugo Fidel Cázares Linares)。シナロア州ロスモチス出身。元WBA世界スーパーフライ級王者。元WBO世界ライトフライ級王者。世界2階級制覇王者。「驚嘆すべきもの」という意の“El Increible”という異名を持つ。

来歴[編集]

1997年2月23日、21歳でプロデビューし、判定ドロー。

1999年4月2日、NABO北米スーパーフライ級王座に挑戦するが、初回TKO負けで王座獲得ならず。

2000年8月19日、フランシスコ・ガルシアを8回TKO勝ちでメキシコライトフライ級王座を獲得した。

2002年3月22日、ラファエル・オロスコを6回KO勝ちでNABO北米ライトフライ級王座を獲得した。以後、2度の防衛に成功した。

2005年4月30日、ネルソン・ディーバプエルトリコ)を10回負傷判定勝ちで王座獲得に成功した。以後、5度の防衛に成功した。

2007年8月25日、6度目の防衛戦でミニマム級から階級を上げたイヴァン・カルデロン(プエルトリコ)の挑戦を受け、1-2の判定負けで王座から陥落した[2]

2008年8月30日、カルデロンと再戦するも、7回に偶然のバッティングでカルデロンの額が裂傷し、ドクターストップ。0-3の判定負けで王座復帰に失敗した。

2009年3月24日、WBAフェデラテンスーパーフライ級王座決定戦をロベルト・バスケスパナマ)と争い、大差判定勝利で王座を獲得した。

2009年6月13日、フェザー級相当のノンタイトル10回戦には123.64ポンドで前日計量を通過、ボディフックで初回1分06秒KO勝利を収めた。

2009年9月30日、大阪府立体育会館第2アリーナでWBA世界スーパーフライ級王者名城信男に挑戦するが、1-1(116-112、112-116、114-114)の判定ドローで王座獲得ならず[3]

2010年5月8日、大阪府立体育会館第1アリーナで名城に再挑戦し、3-0(117-111、117-111、115-113)の判定で雪辱し、王座を獲得すると共に2階級制覇を達成した[4]

2010年7月3日、トラルネパントラ・デ・バスコンベンション・センターにて、過去に4度の世界挑戦をしている同級13位のエベラルド・モラレスと対戦。序盤に左瞼をカットしたが、その後は冷静に戦い7回に左カウンターからダウンを奪い、挑戦者は辛くも立ち上がるもそこで主審がストップ。TKO勝ちを収めて初防衛に成功した[5]

2010年10月9日、トラルネパントラ・デ・バスで、アルベルト・ロッセルペルー)と2度目の防衛戦を行い、9回31秒でTKO勝ちを収め、ロッセルのペルー初の世界王者になるチャンスを砕いた[6]

2010年12月23日、大阪府立体育会館でフライ級で2度の世界挑戦を経験する久高寛之の挑戦を受け、12回フルラウンド戦い、3-0の判定で勝利して3度目の防衛に成功した[7]

2011年8月31日、日本武道館で行われた4度目の防衛戦で清水智信と戦ったが、1-2の判定で敗れ王座を明け渡した[8]

2012年8月11日、ロスモチスのポリデポルティーボ・センテナリオでダニエル・ディアスとCABOFEスーパーバンタム級王座決定戦を行い、3-0(119-110、118-110、118-111)の判定勝ちを収め王座を獲得した[9]

2013年1月16日、チワワ州チワワのヒムナシオ・マヌエル・ベルナルド・アギーレでレイ・ペレスとWBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座決定戦を行い、3-0(114-113、114-113、115-112)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2013年6月1日、メヒコ州エカテペックエスタディオ・モレロスでガブリエル・アルタレホス(フィリピン)と対戦し、初回にカサレスのボディーブローがアルタレホスのレバーにヒットし、アルタレホスは起き上がることが出来ずにレフリーが10カウントを数え試合終了。1回2分52秒KO勝ちを収めWBCインターナショナルシルバー王座の初防衛に成功した[10]

2014年4月4日、イギリス北アイルランドベルファストオデッセイ・アリーナカール・フランプトンとWBC世界スーパーバンタム級指名挑戦者決定戦を行い、2回1分38秒KO敗けを喫しレオ・サンタ・クルスへの挑戦権獲得に失敗した[11]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 名城とカサレス、体格酷似 WBA・S・フライ級戦予備検診 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月28日
  2. ^ カルデロン2階級制覇 カサレスに2-1勝利 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年8月27日
  3. ^ 名城-カサレス、ドロー WBA世界S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月30日
  4. ^ 名城陥落…カサレスに3-0判定負け WBA・S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月9日
  5. ^ カサレス左一撃TKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年7月4日
  6. ^ 名城を攻略したカサレスもV2 WBA世界S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月11日
  7. ^ 3度目の正直に失敗 久高、カサレスに判定負け ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月24日
  8. ^ 清水三度目の正直で世界奪取 WBA・S・フライ級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年9月1日
  9. ^ カサレスが地域王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2012年8月13日
  10. ^ ルイス&カサレス豪快KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月2日
  11. ^ フランプトン、WBC・S・バンタム級挑戦者決定戦制す Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月5日

関連項目[編集]

前王者
ネルソン・ディーバ
WBO世界ライトフライ級王者

2005年4月30日 - 2007年8月25日

次王者
イヴァン・カルデロン
前王者
名城信男
WBA世界スーパーフライ級王者

2010年5月8日 - 2011年8月31日

次王者
清水智信