エアレジデンス新浦安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エアレジデンス新浦安(エアレジデンスしんうらやす)は、千葉県浦安市に所在する超高層マンション群の総称。入船一丁目8番地にあたり、タワーイースト、タワーウエストのツインタワーとなっている。

タワーイースト
タワーウエスト
エアレジデンス新浦安(地図)

概要[編集]

JR京葉線の新線計画にあわせて、新浦安駅を中心とした周辺14ヘクタールを超える敷地に浦安市と長谷工コーポレーションが官民連携し、浦安市の新しい表玄関を開発する高度複合都市開発事業・駅前整備事業(浦安AMC計画)が1980年昭和55年)より実施され、シンボルロード整備などのインフラストラクチャー整備と複合商業ビル(ショッパーズプラザ新浦安、現在のイオン新浦安店)、新都市型商業ビル(MONA新浦安)、オフィスビル(プライムタワー新浦安)、ホテル浦安ブライトンホテル新浦安オリエンタルホテル)、住宅(エル・シティ新浦安)などを整備した[1]。その後、双日(日商岩井)、日商岩井不動産、ハウジングキャピタル・ファイブの3社は高さ117メートルの超高層ツインタワーマンションの企画開発事業に着手し、2001年平成13年)5月31日にタワーイースト・タワーウエストが着工し、2003年(平成15年)12月10日に竣工、2004年(平成16年)3月より入居開始した[2]

駅舎、商業施設を結んだペデストリアンデッキによって接続している。街全体はカリフォルニア州の街並みを連想させるアーバン・リゾートライフを構成している。敷地内に一定規模の公開空地を持ち、容積率などが緩和される総合設計制度が適用され、公開空地部分は豊富な緑を配置するほか、噴水や小川なども設置し、新浦安駅前のランドマークとなるべく計画されている[3]

延床面積は64968平方メートルであり、建築主は双日(日商岩井)、設計コンサルタント長谷工コーポレーション2004年(平成16年)に最高部117メートルの超高層マンション2棟(タワーイースト、タワーウエスト)が開業した[4]

歴史[編集]

  • 1980年昭和55年) - 高度複合都市開発事業が実施。
  • 2001年平成13年)5月31日 - エアレジデンス新浦安タワーイースト・ウエスト着工[5]
  • 2003年(平成15年)
    • 8月 - 現地販売センターをグランドオープン[3]
    • 12月10日 - 竣工。
  • 2004年(平成16年)3月 - 入居開始。

構成[編集]

新浦安駅北口側よりタワーウエストを望む(左奥)

エアレジデンス新浦安(共通)

  • 用途:共同住宅
  • 建築主:双日(日商岩井)
  • 設計者:長谷工コーポレーション
  • 施工:安藤・間
  • 構造:鉄筋コンクリート構造
  • 建築面積:8364.52平方メートル(施設全体)
  • 延床面積:64968平方メートル(施設全体)
  • 階数:地上32階、地下1階
  • 総戸数:430戸

共用施設[編集]

主要な共用施設は以下である[6]

  • クラブサロン
  • ダイニングサロン
  • ワークルーム
  • キッズルーム
  • シアタールーム

周辺[編集]

主な周辺施設一覧。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度38分53秒 東経139度54分49秒 / 北緯35.64808度 東経139.91369度 / 35.64808; 139.91369