エア・カナダ018便密航事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エア・カナダ018便密航事件
C-FIVM B777-333ER Air Canada YVR 10APR10 (4513479020).jpg
事件に巻き込まれたエア・カナダ
場所
日付 2010年10月29日
概要 変装して香港を出国し、カナダへの密入国を試みる。
原因 香港国際空港におけるセキュリティの死角
犯人 20代の中国人青年(男性)
容疑 入国管理法違反
動機 不明
対処 逮捕
影響 セキュリティ問題の浮上
テンプレートを表示

エア・カナダ018便密航事件(エア・カナダ018びんみっこうじけん)は、2010年10月29日に、中国人青年男性が、アメリカ人高齢男性を装い、エア・カナダの旅客機で香港からバンクーバーへの密航を試みた事件[1][2][3]

概要[編集]

2010年10月29日、香港国際空港から、カナダ・バンクーバー国際空港へのフライトを運航するエア・カナダ018便に、変装用の特別なマスク(シリコンマスク)を着用して白人高齢者に成りすました、中国人の20代男性が搭乗した[1][4]。男性の当初の姿は、外見上明らかにシワが多く、典型的な老人であったという[2]。また、香港国際空港の出国時も、男性は変装により顔は老けていたが、なぜか手足にはシワがなく若々しかったため、当初から空港職員は違和感を覚えた[2]

018便が香港を飛び立ち、バンクーバーに向けフライトを続けている間、老人はひたすら機内のトイレにこもっていた[2]。老人がトイレから戻ることは一向になく、その様子を心配した他の乗客は、客室乗務員とも相談した[2]

しかし、空席となっていたシートで、青年男性が就寝している様子が発見されたため、018便がバンクーバに到着すると、機内に現地の入国管理局員が現れ、男性を入国管理法違反容疑で連行した[2]。彼は連行された後、カナダの移民局に難民申請を行い、亡命を求めた[2]

入国のセキュリティについて[編集]

密航未遂の罪に問われた男性は、香港を出国する際、偽造パスポートを使ったというが、本来厳重であったはずのセキュリティの掻い潜り方に、エア・カナダの職員も驚いたという[1]。実際は若年層にも関わらず、シリコンマスクを着用するだけで全くの別人になれるという精巧さは、カナダ、そしてアメリカの連邦機関において、セキュリティを強化することが審議されることにもなった[3]

そして、男性が別人を装っていたにも関わらず、入国を許可してしまった香港国際空港の職員に対し、香港の裁判所は有罪判決を言い渡した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 老人に変装し密航、アジア人男性が拘束後に亡命希望 カナダ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 特殊メイクで老人に変身し、不法入国した中国人青年が逮捕=カナダ (2010年11月7日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年9月27日閲覧。
  3. ^ a b Old-Man Disguise Alarms U.S. Security Chief” (英語). www.cbsnews.com. 2019年9月29日閲覧。
  4. ^ Passenger fools airline, airport security with grumpy old man Halloween mask” (英語). Traveller (2010年11月6日). 2019年9月29日閲覧。
  5. ^ Verdict in 'old man' disguise case”. NewsComAu (2011年10月17日). 2019年9月29日閲覧。