エイイル・ナンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エイイル・ナンセン(Eigil Nansen、1931年6月18日 - 2017年2月27日)は、建築家、人文主義者のオッド・ナンセン (Odd Nansen) の息子で、探検家、人文主義者のフリチョフ・ナンセンの孫[1]

1991年に難民人権に対する功績からThe Lisl and Leo Eitinger Prizeを受賞している[2]。1952年に行われたオスロ冬季オリンピック初の聖火リレーにおいて聖火の点火を行った。

脚注[編集]

  1. ^ Han tente OL-ilden i 1952 - og feires som en konge i Sibir, Dagbladet, 1 March 2017. Accessed 1 March 2017.
  2. ^ http://www.uio.no/om_uio/priser/eitinger/previous.html The Lisl and Leo Eitinger Prize @ The University of Oslo